【フレッツ光の転用とは?】メリットや手続きの流れを簡単解説!

転用をイメージしたネットワークの画像

光コラボレーションを検討している場合、いくつかの申込み方法がありますが、フレッツ光を契約している場合は「転用手続き」が一般的でしょう。しかしこの転用手続きとはどのようなものなのでしょうか。メリットや手続きの流れについてわかりやすく解説していきます。

転用手続きとは

転用手続きとは、フレッツ光から光コラボレーションへ契約を乗り換える際に行う手続き方法です。難しい手続きや手間を最小限に抑えて、簡単に乗り換えができる内容になっています。
固定電話の番号もそのまま、基本的には工事も不要であるため、気軽に契約変更手続きを行えるでしょう。

フレッツ光から転用するとどうなる?

光コラボレーションサービスを使いたい場合、転用手続きであれば、光回線自体はフレッツ光で使用しているものをそのまま利用できるようになっています。

転用を行うことで契約先は各光コラボ事業者に変わる

光コラボレーション事業者が展開するプロバイダーと、その事業者がNTTから借りているフレッツ光回線をセットとして展開されることになるので、事業者が独自に展開する光回線サービスを使うということになります。そのため、契約が光コラボレーション事業者に変更されるでしょう。

転用手続きで必要なもの

転用手続きの際に事前に用意しておくものとして、以下を参考にしてみてください。

・契約者氏名
・登録住所
・お客様ID
・フレッツ光の支払い方法
・ひかり電話の番号
・契約時に受け取る「ご契約内容に関する重要なお知らせ」
・転用承諾番号

上記をお手元に用意しておくことでスムーズな手続きが行えるでしょう。

転用手続きの流れ

転用手続きの流れに関して、WEB上で行う場合と電話で行う方法がありますが今回はWEB上で行う場合の流れを中心にご紹介していきます。

①転用承諾番号を取得する

NTT東日本・西日本のサイトにおいて「転用のお手続き」のページへアクセス。
表示に従って「転用承諾番号のお受け取り」を選択します。
必要事項を入力して完了です。

②乗り換え先へ申込み

その後は、乗り換え先の光コラボレーションの契約手続きを行います。
転用承諾番号が必要になりますので、事前にお手元に置いておくとスムーズでしょう。

③乗り換え先の光コラボレーションから連絡がくる

転用申込みに関する確認の電話がくるでしょう。その際に細かい手順や注意事項等があれば共有してもらいます。

④書類が届いて、切り替えを確認すれば完了!

届いた書類を確認して、契約内容等をチェックしておきましょう。

⑤プロバイダーを新しくした場合はプロバイダの解約手続き

解約を忘れると、料金が発生してしまいます。ご注意ください。

以上のように簡単な流れで手続きが完了できるようになっています。仕事などで忙しいという場合にも、基本的に工事不要で簡単な手続きで切り替えが可能になっているため心配ありません。

フレッツ光で利用していたプロバイダと全く違う光コラボレーションサービス事業者に変更する場合は、プロバイダ契約を解約する必要があるため、忘れずに行うようにしてください。

転用の際の注意すべき点

乗り換え先サービスの、情報は良く確認しておきましょう。フレッツ光で使えていた昨日やサービスが、光コラボレーションえへ乗り換えることで使えなくなる場合もあるでしょう。特に、フレッツ光で使っていたプロバイダーから全く新しいサービスの光コラボレーションへ乗り換えるという場合にはご注意ください。

また、フレッツ光で利用していたポイント制度は継続できません。切り替える前にポイントを消費するなどして無駄にならないようにしておきましょう。

また、転用時には工事費はかかりませんが工事費残債については変更先で支払わなくてはなりません。このことについて、分割支払いでよいのか、それとも一括支払いになるのか事前に確認するようにしましょう。

転用のメリット

次に転用手続きで乗り換えるメリットについてご紹介していきます。

①毎月の料金が安くなる

フレッツ光では回線料金とプロバイダー料金が別々で設定されています。そのため、光コラボレーションサービスと比較すると少々割高になっている場合もあるでしょう。

マンションタイプでは回線とプロバイダーを合計すると、一般的には3,900円~4,500円程度かかります。戸建てタイプでは5,700円程度です。これを光コラボレーションサービスに乗り換えることで、マンションタイプで3,800円、戸建てタイプで5,200円で利用できるようになるのです。

サービスによって料金は異なりますが、別々の契約をするよりも光コラボレーションでセットになった料金体系でお得にできる可能性があるということ点は大きなメリットの一つでしょう。
※NTT東日本、フレッツ光ネクスト(ギガ・スマートタイプ)、「ギガ推し!割引」、「にねん割」を適用時

②セット割が適用できるサービスも

ソフトバンクやドコモユーザーにとっては、光コラボレーションの登場により、セット割サービスを適用できるようになっています。

それぞれの該当するサービスを契約し、対象条件を満たしていれば毎月1,000円程度の割引を受けることができるので、光コラボレーション乗り換えの醍醐味とも言えるでしょう。
》ソフトバンクのセット割「おうち割光セット」とは?本当に安くなる?

③費用がかからない

転用手続きは、フレッツ光で使用していた回線をそのまま使うかたちになるため、改めて開通工事の必要がありません。工事費の発生もありません。また、解約に伴う違約金も発生しないようになっています。
そのため、手間や費用を気にせずに乗り換えを気軽にできるという点もメリットになるでしょう。

※プロバイダーの解約金は別途発生する場合あり

※契約手数料はかかります

④特典を受けられる

転用手続きを行う場合でも、乗り換え先の契約は新規と同様の扱いとして、様々な特典を受けられる可能性があるでしょう。

公式キャンペーンだけでなく、代理店を経由した手続きをすることで代理店独自のキャンペーンを受けることも可能です。
》当サイト限定!現金キャッシュバックを最大70,000円?詳細はこちら

転用のデメリット

転用に関するデメリットについてご紹介します。注意点と同様に、踏まえてみてください。

IPv6に対応していない場合もある

速度を重視する場合、最新のIPv6を使いたいという方も多くいらっしゃるでしょう。光コラボレーションサービスによっては、このIPv6に対応していない場合もあります。

光回線であるためIPv6でなくても問題なく利用できる場合もありますが、サービスによっては速度が思うように出ないということもあるでしょう。そんなときにIPv6に対応したプランがあると安心です。速度を重視したいという場合にはIPv6対応のサービスを検討してみましょう。
》ソフトバンク光もIPv6に対応?その仕組みや特徴を徹底解説

まとめ

今回はフレッツ光から光コラボレーションへの転用手続きについて、その流れとメリット・デメリットについて解説しました。

料金は安くなる可能性、セット割、費用が掛からないという点を踏まえると、メリットが大きいと言えるでしょう。是非光コラボレーションサービスへの転用を検討してみてくださいね!

》フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えで節約できる??

》ソフトバンク光ならセット割が適用できる!当サイト限定のキャンペーンはこちら

》ソフトバンク光の申込みに関する無料相談はこちら!