【初心者向け】SoftBank Airをわかりやすく解説!SoftBank Air ってなに?Airターミナルとは?

最近よく耳にするようになったSoftBank Air。名前からしてソフトバンクの商品なのは予想がつくけれど、実際にどんな商品なのかは知らないという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、SoftBank Airとは何なのかということを分かりやすく解説したいと思います。

SoftBank Airって何? 概要を解説します!

携帯やスマホ、光回線でも有名なソフトバンクは自宅用Wi-FiであるSoftBank Airも提供しています。インターネットに接続する為のサービスですが、一体どのような仕組みになっているのでしょうか。
SoftBank Airは無線LANであるWi-Fiを利用してネットに接続するサービスで、まずは街中にある基地局から飛ばされる電波を本体であるAirターミナルが受信します。そこからさらにWi-Fi電波を自宅内に広げ、接続端末であるスマホやパソコンなどでネットが利用できる仕組みとなっています。
モバイルルーターと似た仕組みですが、SoftBank Airは自宅用Wi-Fiや置き型Wi-Fiとも呼ばれており、その名前の通り屋外へ持ち出すことはできません。しかしモバイルルーターよりもアンテナが大きいので基地局からの電波が受信しやすく、接続端末へ電波を飛ばす力も強くなっています。部屋や階をまたいでの使用や、複数の端末からの同時接続も可能ですよ。自宅でじっくりインターネットを利用するのなら、同じWi-FiでもモバイルルーターよりSoftBank Airをオススメします。

光回線とは違う! SoftBank Airの特徴

ソフトバンクでは光回線であるSoftBank光も提供されていますが、SoftBank Airとはどう異なるのでしょうか? それぞれの違いを見ていきましょう。

<SoftBank光>

いわゆる光コラボレーションの一つであるSoftBank光は、フレッツ光と同じ品質、同じ速度のまま費用を抑えてインターネットが利用できる優れもの。しかしフレッツ光からの乗り換えでない場合には立ち合いありの開通工事が必要となり、工事には1時間ほどの時間がかかります。工事費用も必要になり、立会ありの開通工事では24,000円の工事費用と3,000円の事務手数料が発生します。時期によっては開通工事の予約がスムーズに取れるとは限らず、申し込み日から1ヶ月以上先の予約になってしまったというケースも少なくありません。

<SoftBank Air>

置き型Wi-FiのSoftBank Airでは、モバイル回線である4G・LTEを使用しています。基地局から飛ばされた電波を受信してネット接続を行うので、光回線を引き込む開通工事がいりません。契約時に事務手数料3,000円が発生するだけで費用を抑えられますよ。
難しい配線や設定が必要なく、機器をコンセントにさすだけでインターネットに接続が行えます。通信速度は下り最大261Mbpsとなっており、毎月定額でデータ容量に制限はありませんよ。

Airターミナルの概要を解説します!

SoftBank Airの契約が完了すると、指定の住所にAirターミナルと付属機器が届けられます。

<同梱の中身>

・Airターミナル(本体)
・電源アダプタ
・LANケーブル
・取扱説明書
Airターミナルは無線ルーターの機能を搭載しており、1台でWi-Fi環境が作り出せます。付属品であるLANケーブルは、有線接続したい時に使用してください。LANケーブルでパソコンとAirターミナルを繋げば、すぐにネット接続できるようになりますよ。

<Airターミナルの背面>

Airターミナルの背面には以下のものがついています。
・WPSボタン
・USBポート
・LANポート×2
・電源アダプタの差し込み口

<接続手順>

インターネットへの接続は、以下の手順で簡単に完了します。
①電源アダプタをAirターミナルに繋ぎ、コンセントに差し込む。
②ターミナルにある5つのランプがすべて緑色に点灯すれば、配線が完了。
③スマホやパソコンなどの端末でWi-Fi接続設定を行えば、インターネットを利用できるようになる。
端末接続設定の際に必要となるネットワーク名(SSID)と暗号キー(PSK-AES)は、側面のラベルに記載されていますよ。

<Airターミナルの種類>

Airターミナルには以下の三種類が存在します。
・Airターミナル(初代)
・Airターミナル2
・Airターミナル3
2018年9月現在ではAirターミナル(初代)は販売終了しており、今からSoftBank Airを契約するのであれば最新モデルであるAirターミナル3での契約となるでしょう。

Airターミナルのスペックは?

各Airターミナルのそれぞれのスペックは以下の通りです。

<Airターミナル(初代)>

・サイズ(HxWxD) … 約261x220x64mm
・重さ … 本体:約610g/アダプタ:約185g
・通信方式 … 4G方式:AXGP(2.5GHz)
・通信速度 … 下り最大110Mbps
・Wi-Fi … IEEE 802.11a/b/g/n 最大300Mbps
・WiFiクライアント最大接続数 … 32

<Airターミナル2>

・サイズ(HxWxD) … 約208x95x95mm
・重さ … 本体:約550g/アダプタ:約150g
・通信方式 … 4G方式:AXGP(2.5GHz)
・通信速度 … 下り最大261Mbps
・Wi-Fi … IEEE 802.11a/b/g/n/ac 最大866Mbps
・WiFiクライアント最大接続数 … 64

<Airターミナル3>

・サイズ(HxWxD) … 約208x95x95mm
・重さ … 本体:約550g/アダプタ:約150g
・通信方式 … 4G方式:AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE (3.5GHz)/4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
・通信速度 … 下り最大350Mbps
・Wi-Fi … IEEE 802.11a/b/g/n/ac 最大866Mbps
・WiFiクライアント最大接続数 … 64

Airターミナル2/3の見た目はほとんど変わりません。特筆すべきは下り最大速度の違いで、Airターミナル2は261Mbpsですが、Airターミナル3は350Mbpsとなっています。Mbps(メガビーピーエス)とは1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位のことで、350Mbpsなら1秒間に350メガビットのデータが送受信可能ということになりますよ。

ただし表記された最大速度は受信時の技術規格上の最大値であり、実際の速度は使用するエリアや周囲の環境によって異なります。ソフトバンク公式ホームページでは住所別の最大速度情報が公開されているので、自宅エリアの最大通信速度を確認しておきましょう。

SoftBank Airの申し込み窓口は? 購入とレンタルはどっちがお得?

<申し込み窓口>

SoftBank Airの公式ホームページでは、電話やWebからの申し込みを受け付けています。もちろん全国のソフトバンクショップや家電量販店でも申し込み可能ですよ。
店舗申し込みの場合は取扱店で在庫切れが発生していない限り即日受け取れますが、Webからの申し込みは大体1~2週間ほどの期間を見ておくといいでしょう。ただしWeb申し込み限定のお得なキャンペーンを開催していることもあるので、新規契約するのであればWebからの申し込みがオススメです。

<契約の種類>

契約の際にはAirターミナルを分割で購入するか、レンタルするかを選ぶことになるでしょう。

分割購入の場合は54,000円(税抜)を36分割(1,500×36ヶ月)で支払うことになり、レンタルの場合は月々490円(税抜)の費用が発生します。どちらも契約期間は2年間となり、契約期間満了の月以外で解約した場合には9,500円の解除料が請求されることを留意しておいてください。

購入の場合は36ヶ月の分割払いなので、2年目の契約満了で解約した場合にも残り12ヶ月分の残債が請求されますが、レンタルなら残債が発生しませんよ。ただし分割購入を選ぶと「月月割」という、ターミナル代を毎月1,500円(税抜)割引してくれるサービスが適用されるので、3年以上利用するのなら負担額が実質無料となります。

2年目の解約を考えているのならレンタルを、3年以上使う予定なら分割購入をオススメします。

まとめ

今回はSoftBank Airの基本情報を解説しました。
工事不要でインターネットに接続できるSoftBank Air。面倒な配線や難しい設定を必要としないので、光回線よりもSoftBank Airを選択する人も増えています。これから新たにネット回線の導入を検討している人は、SoftBank Airを視野に入れてみてはいかがでしょうか。