フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換え!メリットや手順を解説

乗り換えについて案内する女性の画像

現在では、光回線サービスとして様々なサービス供されています。従来は光回線としてフレッツ光が人気を集めていましたが、光コラボレーションの登場により、携帯電話キャリアとのセット割が可能になりました。また、それぞれのサービスで独自の特徴を強みとするようなサービスも登場しています。

特にソフトバンク光では携帯電話とのセット割やより高速で安定した通信が期待できるサービス等に対応しています。
そこで今回は様々な理由でフレッツ光からソフトバンク光への乗り換えを検討している方に向けて、メリットや手順をご紹介していきます。

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換え

引越しや新生活、携帯電話会社の切り替えなどにより、フレッツ光から乗り換えを検討している方も多くいらっしゃるでしょう。

長年フレッツ光を使用してきた方にとっては、契約を変更することに不安を抱くかたもいらっしゃいます。そこフレッツ光とソフトバンク光の違いを以下でご紹介していきます。

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えるメリット

早速両者の違いについてご紹介していきます。どのような点で違いがあるのかという点を理解して、乗り換え時や乗り換え後に困ることがないよう必ず確認しておきましょう。

月額料金が異なる

フレッツ光では、プロバイダー料金と回線料金が別契約となっていていてそれぞれ発生するかたちでした。しかし光コラボレーションサービスでは、基本的に光回線とプロバイダーサービスがセットとして独自のサービスとして提供されています。

ソフトバンク光では戸建てタイプ5,200円、マンションタイプ3,800円で提供されています。フレッツ光では契約先によって異なりますが、基本的には戸建てタイプが6500円前後、マンションタイプが4,000円ほどが相場と言えるでしょう。

一部激安のプロバイダーを契約している場合はこの限りではありませんが、一般的には月額料金を下げて使える方が多いでしょう。

セット割がある

フレッツ光では携帯電話とのセット割を適用することは、どのプロバイダーでもできません。ソフトバンク系のプロバイダーであるYahoo!BBであっても、セット割はできないのです。しかしソフトバンク光では、ソフトバンク携帯とのセット割が適用できるため、毎月の通信量を抑えることが可能です。

もしご家族で複数人ソフトバンクを契約していれば、さらに割引額が増えてお得になるでしょう。
※対象条件を満たしている必要があります

IPv6対応

またソフトバンク光の大きな特徴のひとつとして「IPv6」に対応しているという点。光コラボレーションサービスでは、フレッツ光回線の質をそのままに、卸売されたものを使用しているため基本的に質としては変わらないとされています。

しかしソフトバンク光では最新の通信プロトコルを採用したIPv6へ対応しているため、より安定して高速通信が可能になっているのです。

フレッツ光でもIPv6に対応したプロバイダーを使用することも可能ですが、対応しているかどうかの確認が必要になります。
》ソフトバンク光のIPv6とは?わかりやすく解説

ソフトバンクへの通話料が無料

ソフトバンク光とソフトバンクスマホの両方を使用する場合、ホワイトコール24への加入(無料)でそれぞれの通話料金が24時間無料になります。

ご家族でソフトバンク携帯電話をお使いの場合、通話料の心配なく電話をすることが可能になるでしょう。
※別途申込みが必要

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えるデメリット

一方で乗り換え時で考えられるデメリットについても、以下で把握しておきましょう。

プロバイダが変更になる

フレッツ光では、NTTとは別契約でプロバイダーを契約するのが一般的でした。一方でソフトバンク光ではYahoo!BBのプロバイダー(ソフトバンクBB)があらかじめセットになっているサービスのため、プロバイダが変わります。

メールアドレスを使用している場合は月額200円程度でメールアドレスのみのコースで継続できるプロバイダもあるので確認してみましょう。

これは長年使用してきたプロバイダを変更することにもなりますが、プロバイダの別途契約が不要になるため、請求も1本化できるというメリットにも繋がります。

電話番号が変わる場合もある

乗り換えの際に、固定電話の番号が変わるケースもあります。もともと加入権のある番号をお使いの場合、それを光電話に変更したとしても電話番号は変わりません。また、フレッツ光から「転用」の場合は光発番の番号であっても電話番号は変わらないでしょう。

注意したいのが、解約して新規で契約する場合です。この場合は会社が変わるため、光発番の電話番号が変わるという認識をしておきましょう。

また引越しなどで市外局番が変わる場合については電話番号がどの場合でも変わることになりますのでご注意ください。

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換え手順

フレッツ光から乗り換える際には、「転用」もしくは解約新規という方法があります。光コラボレーションサービスでも、フレッツ光の回線をそのまま使うことになるため、簡単かつスムーズに変更手続きを行えるのが「転用」です。基本的に新たに工事する必要がないため、工事費用が発生しません。

一方で、フレッツ光を完全に解約した状態でソフトバンク光を新規で申込みすることも可能となっています。
※工事内容によっては工事費用発生の可能性もあります

フレッツ光からの乗り換えとして転用の場合の手順

①転用承諾番号を取得

基本的に携帯電話の乗り換えであるMNPと同様のイメージを持つとわかりやすいでしょう。
まずはこれまで契約していたNTTに手続きに必要な番号を発行してもらいます。この番号は発行後15日間が有効です。期限が切れた場合には再度取得が必要になるため、覚えておきましょう。電話もしくはWEB上で取得することが可能です

②ソフトバンク光を申込み

転用として申込みます。公式サイトやソフトバンクショップ、代理店で申込みが可能です。もっともお得に申込みするためには代理店で多くのキャンペーンを適用することがお勧め!公式特典を併用できるものもあるため、ぜひチェックしてみましょう。

またこちらではWEB上から手続きを申請を行えますので是非ご利用ください!
》公式特典併用OK!ソフトバンク光の特典は?

③契約に関する書類や機器を確認

乗り換え先であるソフトバンクから、契約に関する書類や機器が届きます。不足や料金等の確認も併せて行いましょう。

④工事がある場合

フレッツ光での契約内容によっては、乗り換えの際に工事が必要な場合もあります。その場合は別途工事を受けることになりますので認識しておきましょう。

⑤切り替え完了→プロバイダの解約

Yahoo!BB以外のプロバイダを契約していた場合は、解約もしくはメールアドレスコースへの切り替えを忘れずに行いましょう。転用の場合、フレッツ光端同解約になるため手続き不要です。

解約→新規の手続き手順

次に、解約をして新規で申込みをする場合の手順について以下でご紹介していきます。

①ソフトバンク光に申込み

まずは乗り換え先のソフトバンク光へ申込みを行います。
先にフレッツ光を解約することで、インターネットを使えない期間が発生してしまいますので必ずさきにソフトバンク光の申込み手続きを進めるようにしましょう。

②工事日の調整

乗り換えの際に、工事が必要になります。しかしフレッツ光を契約していた場合は大きな工事は不要で無派遣工事の場合もありますので、工事内容を確認してみましょう。

③工事・開通

工事が完了したら、機器等の接続を行い、開通の確認をします。

④フレッツ光やプロバイダーの解約・機器返却

NTTに連絡して、解約の意思を伝えます。また、数日後にレンタル機器の返却を行うことになります。フレッツ光で使用していたモデムやルーターはレンタル品のものがありますので、返却を行いましょう。専用の返却キットに入れて返却する流れが一般的です。

また、別途契約していたプロバイダーの解約手続きも合わせて行うようにしましょう。メールアドレスを継続して使用したい場合は、メールアドレスコースへの変更を申し出てください。

以上がフレッツ光からソフトバンク光への乗り換えとして有効な「転用」と「解約→新規」の手続き手順です。手続き自体は簡単なので心配いりませんが、プロバイダーの解約手続き自体はどちらの手続きでも必要になるため、忘れないようにしましょう。

まとめ

今回はフレッツ光からソフトバンク光への乗り換えに関する情報をご紹介しました。それぞれの違いを理解したうえで、より快適でご自身にあったサービスと感じた場合には乗り換えをおすすめします!手続き自体は、転用でも解約新規でも簡単に行えるようになっていますのでご安心ください!

少しでもお得に手続きをしたいという場合には、公式特典と併用できる代理店のキャンペーンを活用するのがおすすめです!当サイトでも現金キャッシュバック等のキャンペーンを行っていますので是非チェックしてみてください。