【ホームルーターとは】WiMAXとソフトバンクエアーを徹底比較!

ホームルーターのイメージ

自宅のインターネット環境を整備する際、光回線やモバイルルーターという選択肢だけじゃないということをご存知でしょうか。もう一つの選択肢である「ホームルーター」。工事不要ですぐにインターネットに接続できる環境を作ってくれるサービス。
しかし光回線やモバイルルーターほど、幅広い世代に認知されているサービスというわけではないでしょう。そこで今回は、ホームルーターの基礎知識として特徴やメリットデメリットを中心に、解説していきます。

ホームルーターとは

注目を集めているホームルーターですが、光回線ほどの浸透や知名度があるわけではありません。まずはホームルーターに関して、基本的な部分を理解していきましょう。

ホームルーターは室内で使うWi-Fiサービス

ホームルーターとは、自宅のインターネット接続環境を作るサービス。コンセント一つで、すぐにインターネットへの接続が可能になる便利なサービスです。
室内のみ利用できるものであり、外出先へ持ち運んだり、外で使うことはできません。あくまでも自宅等の室内において、端末を据え置いて使うサービスです。

ホームルーターの特徴

ホームルーターの特徴として、工事不要であるという点。光回線とは異なり、工事が不要であるため、端末が届き次第、すぐに利用することが可能になっています。
また、コンセントに差し込んで使うものなので難しい配線等もなく、簡単にスッキリと使えるでしょう。

ホームルーターを提供している会社

ホームルーターのサービスを展開しているサービスとして「WiMAX」や「ソフトバンクAir」が人気です。WiMAXのサービスとしてはauからも出ているので、キャリアとのセット割を狙うのであれば、キャリアが展開しているものを選ぶとよいでしょう。

ホームルーターを使うメリット

ホームルーターのメリットをご紹介していきます。

工事不要

前述しましたが、ホームルーターは工事不要ですぐに利用することが可能なサービスです。光回線の場合、工事日をあらかじめ設定したり調整する必要がありますが、ホームルーターの場合はこうした日程調整が必要ありません。
端末さえお手元に届けばすぐに使用することが可能であるため、急ぎの際や手間をかけずに自宅のインターネット環境を構築することができるでしょう。

部屋のなかでもスッキリ使える

ホームルーターはコンセントに直接差すタイプであるため、光回線のように配線が複雑であったり、部屋のなかをすっきりして使うことができるでしょう。
LANケーブルなどがごちゃごちゃすることに抵抗がある方には大きなメリットになりますね。

回線の安定

モバイルルーターはコンセントも不要で、自宅内外でいつでもどこでも使える便利なサービスです。しかしホームルーターは電源からそのまま使用することになるため、繋がりやすさも比較的安定して使うことができるでしょう。

スタイリッシュな端末

固定回線でも無線LANルーターを使う方も多いですが、無線LANルーターは見た目としてもスタイリッシュとは言い切れません。色も黒で角ばっているものも多く、あくまで機器という印象のものが多いでしょう。
ホームルーターの場合、WiMAXにしてもソフトバンクAirにしても見た目がスタイリッシュで自宅に置いても、違和感を感じにくいデザインと言えるのではないでしょうか。
シンプルではあるものの、丸みをおびたデザインであるため、自宅の雰囲気や家具等の邪魔になりにくいでしょう。

接続台数が多い

ホームルーターは最大接続台数が多いのもメリットの一つ。WiMAXが提供するサービスであれば最大42台、ソフトバンクエアーであれば最大64台もの端末を繋ぐことができるとされています。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターのデメリットにはどのような点が挙げられるのでしょうか。

持ち運びできない

ホームルーターはコンセントに直接差すタイプであるため、モバイルルーターのように自宅の外へ持ち出して使用することはできません。さらには、登録した住所のみで利用することが原則なので、自宅以外では使うことはできないのです。

光回線と比較すると速度が遅い

ホームルーターの場合、最高速度が上り75Mbps程度が一般的です。光回線では100Mbps以上となっていますのでこの点では光回線には敵わないかもしれません。

通信制限があるものも

WiMAXのホームルーターの場合は、「ギガ放題」プランという一見使い放題のように受け取れるプランであっても、厳密には通信量の上限が設定されています。
「直近3日間の通信量10GBまで」等の設定がされている場合があるため、ヘビーユーザーや動画視聴を毎日行うユーザーの場合は注意が必要でしょう。

しかしソフトバンクAirに関しては、無制限で使えるサービスになっています。通信制限が入ることを懸念する場合にはソフトバンクエアーを選ぶと安心して使えるでしょう。

ホームルーターのおすすめ機種(サービス)

具体的にホームルーターのサービスをご紹介していきます。
スペックの違いに注目しつつ、是非チェックしてみてください。

auスマートポート(Speed Wi-Fi HOME L02)

auからサービス提供されている「Speed Wi-Fi HOME L02」。スピードを重視する方にもおすすめできるサービスであり、Huaweiの端末を利用します。

対応エリアのなかでハイスピードプラスエリアモードを利用し、LANケーブルで繋ぐことで最大1Gbosの速度(※)を実現。4本のアンテナを4方向に配置し、360度をカバー。繋がりやすい環境をサポートしてくれるでしょう。

また、Wi-Fi TXビームフォーミング機能を搭載。使う端末に向けて電波を送信してくれることで、さらに安定した通信が可能に。

最大接続台数は2.4GHzとGHzそれぞれ20台ずつ接続可能となっています。
※技術規格上の最大値(実測値ではありません)

auスマートポート(Speed Wi-Fi HOME L02)の月額料金

月額:4,292円(「2年契約N」適用の場合)
→ハイスピードプラスエリアモードをご利用の場合は、別途1,005円/月が発生します。

また、ハイスピードエリアモードの速度制限(月7GB)を超えた場合、速度制限がかかり、128kpbsになります。また、直近3日間の通信量が10GBを超えた場合にも同様に月末まで128kpbsへ制御されます。

SoftBank Air(Airターミナル4)

ソフトバンクエアー最新端末は「Airターミナル4」。
下り最大962Mbps(※)。接続台数64台と、自宅のあらゆる端末を繋ぐことができる点もメリット。
株式会社BCNによる「BCNランキングWi-Fi回線機器市場」では機種別販売数1位を受賞しています。

データー容量を無制限で利用できるといった点も、注目されているポイントでしょう。
今なら25歳以下を対象に、月額料金を2年間2,000円割り引くキャンペーンも行っています。
※一部エリアでの最大速度であり、実測値ではありません。
》ソフトバンクAirを検討している場合は、プロに無料相談

まとめ

今回はホームルーターの基礎知識とともにおすすめのホームルーターとして、auのSpeed Wi-Fi HOME L02と、Softbank AirのAirターミナル4をご紹介しました。

工事不要ですぐにインターネット環境を構築することのできるホームルーター。新型コロナウィルスの影響で、在宅で過ごす日々が増えていることやテレワークへの切り替えでインターネット環境が必要な場合に、おすすめです。
ご自身のスマホのセット割の有無をチェックしつつ、使い方に合ったサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

》ソフトバンクAirを検討している場合は、プロに無料相談