【ペイペイのマイナポイントを解説】キャンペーンで最大100万円相当が当たる?

ペイペイのマイナポイントの情報をイメージしたPC画面

2020年10月から行われていたキャッシュレス・消費者還元制度が終了し、その次の施策として総務省が実施する予定の「マイナポイント事業」が注目を集めています。
25%という高還元率のマイナポイント事業には、人気のキャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」も対象。

今回は、このペイペイとマイナポイント事業について解説していきます。お得な「マイナポイントペイペイジャンボ」キャンペーンについてもチェックしていきましょう。

PayPay(ペイペイ)もマイナポイント対象

2020年9月1日よりスタート予定のマイナポイント事業。対象のキャッシュレス決済サービスを利用したチャージや支払いで、金額の25%が還元されるというお得な還元制度です。
このマイナポイント制度の実施が目前となった今、様々なキャッシュレス決済サービスが注目を集めています。
そのなかで、登録ユーザー3,000万人(※)を突破しているPayPay(以下、ペイペイ)ももちろんこのマイナポイントの対象事業者。
ペイペイのマイナポイントについてチェックしていきましょう!
(参考資料:“トップページ”PayPay公式サイト)

》ホームルーターのソフトバンクエアーとモバイルルーターどっちがいい?徹底比較!

マイナポイント事業とは

マイナポイントを解説しているイメージ

キャッシュレス決済とマイナンバーカードを絡めた、総務省が実施する事業。消費税増税後、大きな注目を集めた「キャッシュレス・消費者還元制度」が2020年6月30日を持って終了し、新たな還元制度として注目されています。

マイナンバーカード取得が前提となる

このマイナポイントの前提として、マイナンバーカードの取得が必要となります。マイナンバーカードがあれば、様々な行政上の手続きがこのカード1枚で簡単に行えるようになる便利なカード。
まずはこのカードの発行が必要になりますが、マイナンバー通知カードの下の部分「マイナンバー交付申請書」を使用して申請する流れとなります。
マイナンバーカードの申請に関しては総務省のマイナポイントに関する情報をご確認ください。

PayPay(ペイペイ)のマイナポイント付与までの流れ

実際に「ペイペイ」でマイナポイントを貰うまでの流れを確認していきましょう。

①マイナポイントにペイペイを登録する

登録にはペイペイアプリ/マイナンバーカード/マイナポイントアプリが必要です。
マインナンバーカード(パスワードも必要)をお手元に用意して、ペイペイアプリもしくはマイナポイント手続きスポットにて登録。
事前に登録方法を確認しておくと安心でしょう。

②ペイペイで合計20,000円チャージもしくは支払い

マイナポイントは25%の付与率で付与上限を額を5,000円としています。そのため、対象となるチャージや支払いは20,000円までとなるのです。

③マイナポイントの付与

即日25%の付与率でマイナポイントとして「ペイペイボーナス」が付与されます。

PayPay(ペイペイ)のマイナポイントの概要

ペイペイをイメージしたキャッシュレス決済の画像

気になるペイペイのマイナポイントに関する概要をチェックしていきましょう。

ペイペイのマイナポイント対象は2種類

ぺイペイでマイナポイントの対象となるのが「チャージ額」と「お支払い利用額」の2種類。
チャージはペイペイ残高の「ペイペイマネーライト」にチャージされていきます。
買い物の際は紐付けたクレジットカードとしてヤフーカードのみが対象となっている点にご注意ください。

どこにマイナポイントが付与される?

付与されたマイナポイントはペイペイ残高のペイペイボーナスとして付与されます。ペイペイボーナスとは、キャンペーン等で獲得したポイント。(※)
ただし、2020年9月1日以降が対象となりますのでそれ以前のご利用に関しては対象外となる点にご注意ください。
※出金や残高を送る機能、わりかん機能ではつかえません。

ペイペイでマイナポイントを登録・利用する際の注意点

ペイペイでマイナポイントを登録する際に注意しておきたいや把握しておくべき点を以下でチェックしていきましょう。

携帯番号が変わったら引継ぎが必要

マイナポイントを申請登録したあとに、携帯電話の番号を変更した場合、マイナポイントを申込んだペイペイアカウントから電話番号の変更手続きを行います。
新しい携帯番号でペイペイのアカウントを作成した場合、変更前のアカウントを引き継ぐことはできませんのでご注意ください。

ペイペイのアプリ登録者本人以外は利用できない

家族や友人など自分以外のマイナンバーカードを使って申込むことはできません。

支払い方法の登録後、変更はできない

支払い方法をチャージもしくは支払い(買い物)としてどちらか選ばなくてはなりません。一度選んだ方法を変更することはできませんのでよく考えて登録しましょう。

対象外の支払い方法がある

ギフトカードによるチャージ、ヤフーカード以外のクレジットカードによる支払いは対象外となります。また、支払い場所として
友だちへ送る、あと払い清算、ボーナス運用、出金等も対象外とされていますので認識しておきましょう。

PayPay(ペイペイ)をマイナポイントに登録するメリット

数あるマイナポイントの対象事業者のなかで、ペイペイを選ぶポイントをご紹介していきます。

PayPay(ペイペイ)はすぐに登録できる

ペイペイはアプリ上でマイナポイントの登録申請を行うことが可能です。そのため最短1分で登録申請が完了すると公式サイトでも紹介しています。
煩雑な手続きやステップが必要な場合、デメリットになりがちですが、こうした手軽にできる登録であれば安心して選ぶことができますね。

230万か所以上のお店、チャージが対象になる

日本のキャッシュレス決済サービスを代表するペイペイ。ペイペイ加盟契約申込み数である全国230万か所以上の店舗で利用できるサービスだからこそ、使い勝手の良いサービス。利用できる店舗やサービスがおおいからこそ、選びたいサービスと言えるでしょう。
(参考資料:“トップページ”PayPay公式サイト)

サポート体制

ペイペイのマイナポイントに関するガイドページのみならず、24時間体制の電話対応でマイナポイントに関する不安をサポートしてくれるのも、安心です。

即日ポイントがもらえる

マイナポイントの対象期間の利用であれば、上限額に達するまですぐにポイントが付与されます。付与スピードが速いため、25%という高い還元率をすぐに感じることができるでしょう。

ただし、2020年9月1日以降が対象となりますのでそれ以前のご利用に関しては対象外となる点にご注意ください。
※出金や残高を送る機能、わかりん機能では使えません。

ペイペイのマイナポイントに関するキャンペーン

マイナポイントペイペイジャンボの公式画像

(画像引用:ペイペイ公式サイト)

ペイペイでは、期間限定でマイナポイント登録に関するキャンペーン「マイナポイントペイペイジャンボ」を展開中。期間中にマイナポイントとしてペイペイを登録することで、抽選で最大100万円相当のペイペイボーナスが当たるという内容。

マイナポイントペイペイジャンボの内容

マイナポイントペイペイジャンボの各等割振り表

(画像引用:ペイペイ公式サイト)

1等の100万円相当から4等の500円相当まで、総額1億円のキャンペーンとなっています。
各等の当選人数を合計すると151,660名に当たるチャンスがあるので、ぜひチェックしてみてください。
ペイペイをご利用されていてまだマイナポイント未登録の方や、マイナポイントの登録をペイペイで検討している方は、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は今注目されているペイペイのマイナポイントについて解説しました。
キャッシュレス・消費者還元制度や新型コロナウィルスの影響により、キャッシュレス決済が浸透しつつあるなかでこれから始まる「マイナポイント」への注目が高まっています。上限額の設定はあるものの、25%という還元率の高さが魅力の本施策。
ユーザー数の多い「ペイペイ」だからこそ、多くの方がマイナポイントの登録事業者としえ注目しているでしょう。

》【人気記事】ソフトバンクエアーの通信量と速度制限!

》ホームルーターに興味はあるけどそもそもソフトバンクエアーのエリア対象内?

》ソフトバンク光からソフトバンクエアーに切り替えできる?費用はどれくらい?