【ソフトバンクエアーの料金】購入が安い理由と最もお得に使う方法を伝授

光回線やモバイルルーターとも異なるサービスが特徴の「ソフトバンクエアー」。新型コロナウィルスの影響で、自宅でのインターネット環境を意識するケースも増えているなかで、特に注目されているサービスの一つです。これから契約を検討している方も多くいらっしゃるでしょう。そこで今回は契約の際に特に重要となる、毎月の費用感についてご紹介していきます。

ソフトバンクエアーの料金

契約するインターネット接続サービスを選ぶ上で重要となる一つが、料金の部分ではないでしょうか。まずはどのような料金体系で展開されているのか、わかりやすく解説していきます。

ソフトバンクエアーの料金は2種類?

ソフトバンクエアーでは、本体を購入するかレンタルするかによってその料金設定が異なります。どちらにしても月額料金として発生するシステムです。購入の場合は分割払いとなり、レンタルの場合はレンタル料金がそれぞれ月額料金として発生する仕組みになっているのです。

分割払いの場合の料金

機器を分割購入するプランの場合には、購入の料金(1,650円[税込]×36ヶ月)と利用料金(月4,880円)がかかります。しかし、ソフトバンクエアーでは「月月割」として毎月1,650円(税込)の割引が36か月間適用されるため、実質購入金額としては0円として考えてよいでしょう。
また、公式割引キャンペーン「スタート割」で、12か月間割引が適用されるかたちになります。この割引は、ソフトバンクスマホの契約の有無で割引額が異なりますが、月580円もしくは1,080円が割引される内容です。これはレンタルの場合には適用されない割引サービスという点も注目でしょう。

レンタルの場合の料金

一方で、ソフトバンクエアーを機器購入をせずに毎月レンタルする場合の料金を確認していきましょう。この場合、購入料金はかかりませんが、機器レンタル料が月490円発生します。通常料金は4,880円として購入の場合と同等ですが、この機器レンタル料を含んだ全体の料金が月額5,370円ということになります。ソフトバンクスマホを契約していても、契約していなくても料金は同じです。
単純に毎月の料金として考えると、機器購入の料金体系のほうがお得と言えるでしょう。
※インターネットサービスとスマホのセット割「おうち割」は別途適用されます

プロバイダー料金不要

ソフトバンクエアーは、光回線のようなプロバイダ-契約が不要となっています。そのため、料金の部分でも上記でご紹介した以外のプロバイダー料金は発生しないようになっているのです。

ソフトバンクエアーの初期費用

ソフトバンクを契約して最初にかかる費用として「初期費用」。契約事務手数料として
3,000円が発生します。しかしこの契約事務手数料は、光回線などインターネット接続サービスを利用する場合は基本的にこの初期費用はかかるようになっていますのでご安心ください。

オプションサービス

スタンダード プレミアム
月額利用料金 300円 800円(SoftBank Air加入特典として24ヵ月目まで500円)
SoftBank Air機器の永久保障 なし あり
Yahoo!メールのメールボックスの容量 容量無制限 容量無制限
Yahoo!ショッピング 会員対象ポイント ※セール期間中Tポイント上乗せ Tポイント14倍
Yahoo!ボックス(ファイル保存・共有サービス) 50GB 容量無制限

SoftBank Airには、「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」という任意で加入するオプションサービスがあります。オプションサービスでは、Yahoo!メールやYahoo!ショッピングなど、Yahoo!の様々なサービスをお得に利用できます。加入が必須ではないため、必要ない場合は外しておくとよいでしょう。

解約金

ソフトバンクエアーはサービスの契約を2年契約としています。
そのため、利用開始から24か月目までは継続して利用することが前提となり、途中解約をする場合には9,500円の解約金を支払わなければなりません。解約金を発生させないためにも、契約更新月のタイミングは把握するようにしましょう。
》【人気記事】ソフトバンクエアーの通信量と速度制限を解説

工事費が不要

ソフトバンクエアーの魅力の一つが工事不要な点。これは、工事のための日程調整や立会いが不要という「手間」の部分でもメリットですが、工事費用がかからないという点においても大きな魅力となっています。
光回線では、新規契約時に工事費として20,000円程度(※)かかる場合もありますが、ソフトバンクエアーの場合はこの費用がかからないのです。工事がないことで無駄な費用も抑えられる点は、ソフトバンクエアーがお得に使える理由の一つと言えるでしょう。
※契約内容や建物・状況によって工事費は異なります。
》ソフトバンクエアーは工事不要?マンション住まいの場合にこそおすすめする3つの理由

ソフトバンクエアーの料金として購入がお得な理由

ソフトバンクエアーの通常基本料金(各割引を適用する前の料金)は、購入の場合もレンタルの場合も月4880円。レンタルの場合は機器レンタル料として月490円がかかるため5,370円。約500円の差がありますね。年間にすると6,000円程度の差が出てくるため、機器購入のほうがお得だと言えます。
ではなぜ機器購入のプランのほうがレンタルよりもお得になるのでしょうか。

ポイントは契約期間や解約のタイミング

この秘密としては、解約時の支払いが関係してきます。
24ヶ月目を満了月として契約更新期間以外の解約を申し出た場合は、どちらのプランの場合でも違約金として9,500円を支払う必要があります。
しかし注目したいのが購入の場合の分割回数が36回という点。仮に契約更新月に解約する場合は、分割払いの回数が11回程度残っているため、残りの金額を一括で支払うことになるわけです。しかし契約していれば、月月割として毎月の機器購入分割代金は割引されるため、分割購入が完了する36ヶ月間は使うことをおすすめします。

無駄な費用を発生させない方法

分割購入回数を踏まえると、3年間は解約するべきでないことがわかります。しかし、サービスの契約自体は24か月毎になりますから、36回の分割支払いの期間が終了したタイミングで解約すると、契約期間中の解約として違約金が発生することになりますね。無駄な費用を発生させないために、契約更新月までの残り12か月間をつかうことで、解約金を発生させずにお得に使うことができるでしょう。
長期契約に抵抗がない場合は是非この方法で契約することをおすすめします。
》ソフトバンクエアーはクーリングオフできる?やっぱり契約キャンセルしたいときどうすればいい?

ソフトバンクエアーの料金がお得になる割引

ソフトバンクエアーの料金がお得になる理由として、様々な割引サービスが用意されている点です。
ソフトバンクエアーに関連する割引サービスを以下でご紹介していきます。

ソフトバンクエアースタート割

ソフトバンクエアーを購入として契約する場合に適用される割引。ソフトバンクスマホをお持ちでない場合は月1,080円、すでにお持ちの場合は月580円の割引が適用されるようになっています。適用期間としては12か月間。この期間が終了すると、通常料金に戻りますが、年間で大きな金額になるため是非適用させたい割引です。
しかし、この割引は購入の場合のみ適用されレンタルプランの場合は適用されませんのでご注意ください。

おうち割光セット

インターネット回線サービスなどと、ソフトバンクスマホの契約をセットでしている場合に適用されるセット割。毎月最大1,000円割引されるこのセット割はソフトバンクエアーでも適用可能となっています。上記でご紹介た「ソフトバンクエアースタート割」と併用することで、さらにソフトバンクユーザーはお得になるでしょう。
》おうち割光セットは本当に安くなる?インターネットとスマホでセット割でもっとお得に!

SoftBankあんしんのりかえキャンペーン

ソフトバンクエアーでは、他社サービスからの切り替えによる解約金や工事費残債などを全額負担するキャンペーンを展開中。他社サービスを利用して間もない方や工事費残債の支払いがある方も安心して乗り換えることができるでしょう。
※最大10万円としていますが、サービスによって上限が異なる場合がございます

U25限定Softbank Air割引(New!!)

2020年7月1日から始まった新たなキャンペーン。25歳以下を対象に、月額料金を24ヶ月間毎月2,000円割引するキャンペーンです。ソフトバンクエアー自体、2年間の契約となっていますので2年間ずっと2,000円もの割引が適用されるのは非常に魅力でしょう。
しかし購入分割購入プランの場合は、2年間で解約した場合には機器代金の残債を一括で支払う必要があります。2年間で解約を考えている場合には、レンタル料金490円が別途発生しますがレンタルプランがおすすめ!契約期間などを総合的に考えて、購入かレンタルか決めるようにしましょう。
》U25限定SoftBank Air割の場合、レンタルと購入どっちがいい?無料相談を活用

》Softbankのハートフレンド割引とは?どれくらい割引されるの?

ソフトバンクエアーの料金まとめ

ここまで、ソフトバンクエアーの料金について、購入とレンタル、各種割引サービスをご紹介してきました。
それぞれの料金はイメージついたものの、割引サービスによっては期間が契約期間の途中で終了するものもあるため、全体的な支払いイメージが比較できないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、一覧表にまとめて料金を比較してみましょう。

契約内容 ~12か月目 13~36か月目 37か月目以降
購入
(SBスマホあり)
4,300円
(スタート割580円適用)
4,880円 4,880円
(機器購入代金の残債なし)
購入
(SBスマホなし)
3,800円
(スタート割1,080円適用)
4,880円 4,880円
(機器購入代金の残債なし)
レンタル
(SBスマホあり)
5,370円 5,370円 5,370円
レンタル
(SBスマホなし)
5,370円 5,370円 5,370円

上記の表が37か月目以降までの料金イメージです。
ここに、途中解約をした場合は9,500円の解約金、機器代金の残債が発生するかたちになります。また、ソフトバンクスマホをお持ちの方で「おうち割」を適用させる場合は、さらに毎月最大1,000円の割引が適用されるようになっています。
》ワイモバイルでもおうち割が適用できる?料金重視の方は絶対チェックしたいセット割

ソフトバンクエアーの料金を最もお得にする方法

さいごに、ソフトバンクエアーの料金を最もお得にする方法として本ページでご紹介した内容をおさらいします。

①レンタルプランではなく、分割購入のプランで契約する

→購入プランの場合は機器購入代金が割引で実質0円!通常料金は購入もレンタルも同じではあるものの、レンタルの場合と比較すると、レンタル料金490円がずっとお得になります。

②ソフトバンクスマホでスタート割とおうち割の両方の割引サービスを適用可能にする

→スタート割に加えて、スマホとのセット割を適用することで月最大1,500円もの割引が適用されます。スタート割のみの適用の場合、ソフトバンクスマホなしの場合は月1,080円、ソフトバンクスマホありの場合は580円。

③解約金や機器代金の実質負担を避けるために4年間利用する

→購入の場合、分割払いとして36ヶ月の支払い(実質0円)となりますが、2年ごとの自動更新契約のため、4年間継続利用することで解約金も発生せず無断出費を抑えられます。

④キャッシュバック特典を活用する

→ソフトバンク公式キャンペーンとして、乗り換え全額負担を行っていますが、申込み窓口によってはさらにお得なキャッシュバックを実施している代理店もあります。当サイトの場合は最大85,000円。ケースによってキャッシュバック金額は異なりますので、是非一度お問い合わせください!

》【当サイト限定】キャッシュバックを料金に換算したら実質月1,000円でソフトバンクエアーが使える?料金目安表をチェック!
》【最大85,000円】当サイト限定のキャッシュバック特典について無料問い合わせで質問する

まとめ

今回はソフトバンクエアーの料金について、違いや最もお得になる方法をご紹介しました。
新型コロナウィルスの影響で、自宅でのインターネット環境を強化したいという方やこれからインターネット環境を整える必要がある方などもいらっしゃるでしょう。
ソフトバンクエアーでは工事不要で簡単に使えるサービスです。是非一度チェックしておきたいサービスと言えるでしょう。
》ソフトバンクエアーの申込みやキャンペーンについて無料問い合わせはこちら

》当サイト限定!キャッシュバックが85,000円?詳細はこちら

》【ソフトバンクエアーからSoftbank光に変更したい】方法や違約金・注意点を徹底解説

》【その他よくある質問はこちら】問い合わせや電話相談の前にチェック!