ソフトバンクAir からソフトバンク光に変える方法とは?違約金や注意点なども解説!

お手軽にインターネットが利用できるソフトバンクAirを契約したけど、動画視聴やオンラインゲームがスムーズに行えず、光回線への乗り換えを検討している方も多いかと思います。
しかし光回線へ乗り換えるとなると、ソフトバンクAirの違約金が気になりますよね。
結論から言うと、通常の解約方法だと違約金が発生しますが「サービス変更」を申し出れば違約金なしで移行できます。
本記事では違約金を0にしてソフトバンク光に乗り換える具体的な方法をお伝えしているので、光回線に乗り換え検討中の方はぜひ参考にしてくださいね!

ソフトバンクAirのメリット・デメリット

メリット

  • 無線WiFiのため、開通工事が必要ない
  • 専用機器をコンセントに挿すだけですぐにインターネットが使える
  • 戸建ての場合、ソフトバンクAirのほうが安い(Airは4,800円、光は5,200円)※税抜月額

デメリット

  • 無線WiFiのため、大容量のデータ通信には向いていない(オンラインゲームや動画視聴には不向き)

ソフトバンク光のメリット・デメリット

メリット

  • 有線のため大容量でも素早いデータ通信が可能
  • 集合住宅の場合、ソフトバンク光のほうが安い(Airは4,800円、光は3,800円)※税抜月額

デメリット

  • 自宅に光回線をひくため、開通工事が必要

上記とおりソフトバンクAirは無線WiFiのため、有線のソフトバンク光と比べると、通信可能なデータ容量には限りがあります。
そのためオンラインゲームや動画視聴などデータ容量の大きいサービスを使用していると、ダウンロードが遅くなったり画質が悪くなるなどの不具合が発生します。

こうしたストレスを解消するために、ソフトバンクAirからソフトバンク光に乗り換えを検討する方は多いと思います。
しかし、実際に乗り換えを検討するとなったら、気になるのがAirの違約金ですよね。

結論「サービス変更」の手続きを行えば、違約金なしで乗り換えができるので安心してください。
以下の項目から違約金の詳細や変更手続きの方法、注意点に関して詳しくお伝えしていきます。

ソフトバンクAirからソフトバンク光への乗り換えに違約金は発生する?

通常の違約金は9,500円(税抜)

ソフトバンクAirは2年間の自動更新なので、更新月以外に解約すると原則として違約金9,500円(税抜)が発生します。

更新月は、課金開始となった月から数えて24ヶ月目となるので、たとえば1月に課金を開始した場合、翌年の12月が更新月に当たります。


参考:[SoftBank Air]解約時に解除料は発生しますか?

Airターミナル代

ソフトバンクAirの解約時には、Airターミナル残債分の支払いが求められます。

Airターミナルを購入すると、本体代金58,320円(税込)を3年間(36か月)の分割で支払う形になります。
支払うと言っても、Airを契約している間は月額1,620円が、同額で割引されるので、実質0円で端末を使用することが可能です。
しかし、3年を待たずに解約してしまうと、端末の残債分が請求されてしまうので注意が必要です。

例えば、ソフトバンクAirを12か月目で解約する場合、税込で38,880円(1,620円×残り24ヶ月)の残債が請求されます。支払い方法は一括払い/分割払いの選択が可能です。

なおAirターミナルをレンタルしている場合は、残債の支払いは発生しません。

この他にも『Yahoo! BB基本サービス「プレミアム」プラン』や『SoftBank 光/Air/おうちのでんわ』など違約金が発生するサービス・オプションを契約している場合、別途違約金が発生する場合があるので注意してください。

「サービス変更」なら違約金の発生を回避できる!

上記の通り、ソフトバンクAirを解約して、ソフトバンク光に新規契約しなおすと違約金が発生します。
しかし「サービス変更」という方法を選択すれば、上記で述べた違約金は一切発生しません。
サービス変更を行うと以下のようなメリットがあるので光回線への乗り換えを検討している方は、ぜひ「サービス変更」を利用してソフトバンク光に乗り換えましょう。

サービス変更のメリット

  1. 通常なら発生する違約金が一切かからない。
  2. Airターミナルを分割購入している場合、分割期間の支払いが満了するまでソフトバンク光を利用し続ければ、分割割引も引き続き実施される。
  3. 同じソフトバンクグループが提供するサービスなので、ソフトバンクのスマホ/ケータイとのセット割もそのまま継続して適用される。
  4. 通常、新規契約で発生する工事費が無料になる。

なおAirターミナルをレンタルしている場合は、サービス変更日の翌月20日までに付属機器を返却する必要があるので、注意しましょう。
Airターミナルを購入している場合には返却の義務は発生しませんが、端末再利用は不可なので売却することはできません。

「サービス変更」を行うには、どうすればいいの?

ソフトバンクショップなどで光回線への移行を相談すると、違約金や端末残債を支払う必要があると説明され、サービス変更の案内がなされない場合もあるようです。それではサービス変更で違約金を発生させず、ソフトバンク光に乗り換えるには一体どんな手順を踏めば良いのでしょうか?
方法はとても簡単で、ソフトバンクAirのお問い合わせ窓口に連絡して、ソフトバンクAirからソフトバンク光へのサービス変更を申し込むだけでOKです。

SoftBank Air お問い合わせ
電話番号:0800-1111-820(フリーコール)
受付時間:10:00~19:00
必要なもの:契約者名、生年月日、契約中の電話番号/連絡先として登録している電話番号

手順自体は窓口に問い合わせてサービス変更を申し込むという簡単なものですが、一つ注意点としてお伝えしておきたいのが、時間がかかりやすいということです。
お問い合わせ窓口から始まり、ソフトバンクAirやソフトバンク光の担当へと電話が切り替わって話が進められるので、1時間ほどかかる可能性を踏まえて、余裕がある時に電話をしましょう。

「サービス変更」を行う際の注意点とは?

サービス変更の際には以下の通りいくつかの注意点があります。

  • ソフトバンクAirへのサービス変更では利用不可
    サービス変更は、ソフトバンクAirからソフトバンク光に移行する場合に利用できる制度です。ソフトバンク光からソフトバンクAirへのサービス変更はできません。
  • サービス変更ができない場合もある
    サービス変更は公式サイトで大々的に案内されていません。実際に問い合わせてサービス変更を行った人によると、特別な対応だと言われたケースもあるようです。場合によってはサービス変更が行えない可能性があることを留意しておきましょう。
  • サービス変更手数料
    ソフトバンク光へのサービス変更を行う場合、手数料として2,000円(税抜)が発生します。

まとめ

今回はソフトバンクAirからソフトバンク光へ無料で乗り換えられる「サービス変更」に関してお伝えしました。
サービス変更は公式サイトでも表立って案内されていないので、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。
原則として契約解除料が発生してしまうソフトバンクAirですが、サービス変更なら違約金が発生せず、端末残債も免除になります。
また、スマホ割を利用している場合はセット割がそのまま継続されるのもうれしいポイントです。
しかし、「サービス変更」は特別に行われている対応なので、場合によってはサービス変更ができない可能性があることを覚えておいてくださいね。

【当サイト限定!!】「ソフトバンク光」の契約で最大7万円、「ソフトバンクAir」の契約で最大8.5万円のキャッシュバック!