ソフトバンクエアーが遅いと感じる「原因」と「対処法7選」

ソフトバンクエアーについて調べていると、ネット速度が遅いというネガティブな口コミを目にすることもあるかと思います。

確かに有線でインターネットをつなぐソフトバンク光などと異なり、端末を設置するだけでインターネットをつなぐソフトバンクエアーは無線にしか対応していおらず、回線速度に限界があると思われがちです。

しかし、ソフトバンクエアーはLANケーブルを使った有線での接続も可能です。
回線速度が遅いときには、そうした対策をすると劇的に改善されることもありますので、今回はソフトバンクエアーが遅いときに試すべき、対処法を〇つご紹介します。

ソフトバンクエアーを遅いと感じる原因は?

ソフトバンクが提供する自宅用WiFi「ソフトバンクエアー」は、自宅のコンセントに挿すだけでインターネットを利用できるという点で注目を集めています。
しかし実際の口コミを見ると「通信速度が遅い」「不安定になりやすい」という意見も耳にします。

ソフトバンクエアーの端末はAirターミナルと呼ばれ、通信速度によってターミナル端末が2,3,4と分かれています。

もっとも回線速度の遅いAirターミナル2であっても下り最大261Mbpsを実現するスペックを持っているのです。
下りとは簡単に言えば、データをダウンロードする速さのことです。
261Mbpsは、動画やネットサーフィン程度であれば全くストレスなく利用できるレベルをさします。

にもかかわらず、一体なぜソフトバンクエアーは遅いと感じてしまうのでしょうか?
その理由には、以下のようなものが挙げられます。

電波が悪いエリアもある

ソフトバンクエアーはAirターミナルでAXGP電波を受信しすることで、インターネットの利用を可能にしています。

そのため、AXGP電波を送る基地局がない、または遠い場所では電波が入りづらくなるので注意が必要です。

都市部は基地局を網羅できても、山間部や田舎の奥地に行くほど基地局は少なくなり、電波を受信できないといった事態が発生してしまうことも事実です。

以下のサイトから、ソフトバンクエアーの提供可能エリアが確認できるので、自分の住んでいる場所の電波状況を確認してみてください。

提供エリアマップ[Wireless City Planning株式会社より引用]

利用者が多いと混雑しやすくなる

ソフトバンクエアーは、夜間など利用者が増える時間帯や、音声通話、テレビ電話、動画閲覧などをするときに速度制限がかかることがあります。

ソフトバンクエアーの公式ページでも
「利用が集中する時間帯は、サービスの安定提供のために、通信速度が低下する場合があります。」
と明確に表記されています。

「じゃあ、通信速度が常に一定のサービスはないの?」

と思われた方もいるかもしれませんね。

結論、通信速度が一定のサービスは、専門用語でいうと「ギャランティ型」の回線を使うしか方法はありません。

ギャランティとは「保障」の意味で「何があっても速度が変わらない回線」を指し、企業の本社と支社をつなぐ専用回線などに使われています。

しかし、このギャランティ型は専用設備を設置するため莫大なコストがかかります。

そのため一般消費者は、ソフトバンク光やフレッツ光、auひかりが採用している「ベストエフォート型」の回線を使っているのです。
ベストエフォート型であれば「混雑時に通信速度は遅くなるが、安価」というメリットがあります。

ソフトバンクエアーが遅いときの対策10個

ここまでソフトバンクエアーが遅くなる原因を見てきました。
次に、問題を解消する具体的な対策をチェックしていきましょう。

対策①:使用する時間帯を見直す

夜の20時から深夜1時までは携帯やPCを使うユーザーが最も多い「ピークタイム」と呼ばれます。また土日もピークタイムを迎えやすく、夜と合わせて通信障害が起きる可能性があります。

この場合の根本的な解決は難しいので、大容量データの送受信や動画のストリーミングなどの通信に負荷がかかる作業をする場合は、いったん時間をおいてみるというのがおすすめです。

対策②:SIMカードを抜き差しする

AirターミナルのSIMランプが赤く点灯している場合は、SIM異常が発生している状態です。
何らかの事情でSIMカードが読み取れなくなり、そのせいで速度が遅くなっていると考えられます。

SIM異常はカードの抜き差しで改善する可能性があるので、焦らずに一旦電源を落としてSIMカードの抜き差しを行ってみてください。

読み込み異常の場合はこれで解決しますが、まだSIMランプが赤い場合は故障の可能性があるので窓口への連絡をオススメします。

対策③:SSIDを変更する

ソフトバンクエアーでは2G(2.4GHz帯)と5G(5GHz帯)のSSIDが表示されています。
5Gの方が2Gよりも通信速度が速い為、5GHz帯のSSIDを利用している人が多いのではないでしょうか。

しかし5GのWi-Fiは壁などの障害物に弱いという欠点があるので、Airターミナルから離れた場所でWiFiを利用する場合には5Gよりも2Gを使う方が、速度が改善される場合があります。

反対に2Gで速度が遅いと感じる場合は、5Gへの切り替えを試してみましょう。
切り替えを行っても接続が遅いと感じたら、接続するSSIDを切り替えてみましょう。

対策④:Airターミナルを初期化する

WiFiランプが消灯して速度が遅くなっている時には、WiFi異常が発生している状態です。
この場合は、一度Airターミナルの初期化を実行してみてください。

Airターミナルの背面にはリセットボタンが配置されているので、5秒ほど押し続けることでリセットが完了します。
それでもWiFiランプが緑に点灯しない場合は故障が考えられるので、窓口に相談しましょう。

対策⑤:有線に接続する

またWiFi異常の際には、有線接続を利用するという手もあります。
コンセントを入れるだけで通信サービスを利用できるソフトバンクエアーですが、それは無線状態での接続なので、通信速度が安定しないということも起こり得ます。

そこで、ソフトバンクエアーに設置されたLANポートに光回線を直接つなぐ、有線での接続を行うことで速度が改善する場合があります。

パソコンやゲーム機などはLANケーブルを接続できるので、速度が安定して問題は解消されますが、WiFi接続ではなくなるのでスマホでの使用はできないという点を覚えておきましょう。

対策⑥:昔のAirターミナルであれば機種変更する

過去ソフトバンクエアーを契約した方の中には、
初代のAirターミナルを使っている方がいるかもしれません。

しかし、Airターミナルは以下の通り、機種によって下り最大速度が異なるので、
速度が遅い昔のターミナルを使用している方は機種変更を行いましょう。

<最大下り速度>
・Airターミナル:110Mbps
・Airターミナル2:261Mbps
・Airターミナル3:350Mbps
・Airターミナル4:962Mbps

初代ターミナルを使用している方はAirターミナル3へ無償で機種変更が行えるので、以下の窓口に問い合わせをしてみましょう。

SoftBank Air お問い合わせ
電話番号:0800-1111-820(フリーコール)
受付時間:10:00~19:00

対策⑦:中継器を設置する

電波には「速度は速いけど直進性が強い電波」と「障害があっても周り込める電波」とに大きく分かれます。

ソフトバンクエアーは、前者の高い電波を採用していたため、
障害物のない場所では速度が速いのですが、高層ビルや山間部などでは、電波が届きにくくなるといわれています。

そのため、自宅で使用する場合、壁や床が障害となる2階には電波が届かないことがしばしば発生します。

そんなときは中継器の設置がおすすめです。

2階の電波が入りやすい場所に中継器を設置すれば、1階の電波をキャッチして、
2階で使用中のPCやスマホに電波が届くように範囲を広げてくれるのです。

なお、中継器を選ぶ際はソフトバンクエアーに対応した通信規格を選ぶように注意しまししょう。

それでも解決しない場合には、専用窓口へのご相談を

一通りの方法を試しても解決しない場合には機器の不具合や故障が考えられるので、ソフトバンクエアーのお問い合わせ窓口への相談をオススメします。

相談方法を以下にまとめたので、ご自身に合った方法を選んでくださいね。

1.電話で相談

ソフトバンクに限らず専用窓口は混み合っており、なかなかオペレーターにつながらないといった事態も発生します。
一般的に電話が混み合うのは12時~14時くらいのお昼時だといわれているので、混雑時間帯を避けて連絡してみるのもおすすめです。

SoftBank Air お問い合わせ
電話番号:0800-1111-820(フリーコール)
受付時間:10:00~19:00

2.折り返し電話予約

電話がなかなかつながらない場合は、折り返し電話予約を使いましょう。
こちらにアクセスをして、名前、電話番号、連絡希望日を入れれば、専用オペレーターが折り返しで連絡をしてくれます。

3.AIチャットで相談

ソフトバンクエアーのテクニカル専任オペレーターがチャットで相談に応じてくれるサポートサービスです。
こちらにアクセスをして右下に表示される「AIチャットで解決!」から相談をしてみましょう。

8日以内であれば0円で解約可能!

ここまでソフトバンクエアーが遅いときの対処方法をお伝えしてきましたが、それでもまだ不安が残る方に朗報です!

新規でソフトバンクエアーの契約を検討している方に限られますが、
ソフトバンクエアーは、サービスの利用開始日もしくは契約書面を受け取った日のどちらか遅い方から起算して8日以内であれば解約が可能です。

そのため、通信速度の遅さに不安を感じて契約を躊躇している方は、
まずは気軽に試してみて、遅さや使いづらさを感じたら解約してしまうというのも一つの手段としてありかと思います。

解約に関する詳細はこちらの記事をチェック!

まとめ

今回はソフトバンクエアーの速度が遅いと感じた時にできる対策を7つ紹介しました。
紹介した対策をまとめると、

1.使用する時間帯を見直す
2.SIMカードを抜き差しする
3.SSIDを変更する
4.Airターミナルを初期化する
5.有線に接続する
6.昔のAirターミナルであれば機種変更する
7.中継器を設置する

となります。

ソフトバンクエアーが遅いと感じた時には、まずはこの7つの方法を試してください。
それでも改善しない場合にはソフトバンクの窓口に相談してみましょう。
Airターミナルが故障している場合、1年以内であれば保証対象なので、無料で交換してもらうことも可能です。

【当サイト限定!!】「ソフトバンク光」or「ソフトバンクAir」の契約で高額キャッシュバック!