SoftBank 光の工事は絶対にしなきゃだめ? 工事がいるパターンといらないパターンの違い

現在の光回線業者から乗り換えてSoftbank光を導入したい、あるいは新規契約する光回線業者としてSoftbank光を選びたいと考えている人も少なくないかと思われます。光回線というと開通工事が必要なイメージがありますが、Softbank光にも工事は必要なのか気になるところですよね。実は工事が必要なパターンと、必要でないパターンがあるのをご存知でしょうか。
今回は必要/不要の両パターンを紹介してみたいと思います。

Softbank光とは?

高速光回線サービスのSoftbank光は、NTT東日本・NTT西日本の光回線を利用してSoftbankがサービスの提供を請け負う「光コラボレーション」の一つです。
フレッツ光は光回線とプロバイダでそれぞれ別の料金が発生しますが、光コラボのSoftbank光では回線とプロバイダがセットで提供されているので費用が抑えられます。回線自体はフレッツ光と同じものを利用するので、品質や速度は変わらずに利用料金だけを節約することができますよ。またSoftbankのスマホ料金の割引サービスもあるので、ネットとスマホをセットで利用するとさらにお得になり、月々のスマホ代の見直しも行えます。
これらの事情もあってフレッツ光からSoftbank光への乗り換えを検討する人、これから新規の契約を考える人が増えているようですね。しかし光回線を開通するとなると、工事が必要ではないかと疑問が出てくるかと思われます。Softbank光の開通には工事が必要なパターンと不要なパターンがあるので、それぞれの違いを見ていきましょう。

フレッツ光からの乗り換えなら工事が不要!

まずは工事不要のパターンからご紹介します。
現在フレッツ光を契約しており、品目やタイプ変更を行わずにSoftbank光への乗り換えを行う場合には開通工事を行う必要はありません。フレッツ光の回線を使ってSoftbank光に乗り換えることは「転用」と呼ばれています。転用の場合は既にNTT東西で開通工事が済んでいるので新たな工事が必要ない上に、なんとフレッツ光からの解約金も発生しません。現在フレッツ光を利用している人にとって、Softbank光への転用はお得な要素が満載だと言えますね。
フレッツ光からの転用の際に発生する料金は以下の通りです。

<初期費用>
・契約事務手数料 … 3,000円

<開通工事費>
・工事不要 … 0円

ただし転用と同時に東日本エリアから東日本エリアへ、または西日本エリアから西日本エリアへ引っ越す場合には工事費用が発生します。

戸建てで新規に契約する場合は工事が必要

現在インターネットを利用しておらず、これからSoftbank光への新規契約を行う戸建て住宅やマンションの場合は、開通工事が必要となります。宅内へ光ケーブルを新設する工事を行うことになり、工事の所有時間は1時間から2時間程度を見ておくといいですね。開通工事の流れは以下のようになります。

①NTT局舎にて局内交換機工事を行う
②光ケーブルを引き込む
③壁に光コンセントを設置して、機器の設置を行う

工事には立会が必要なので、あらかじめ立会えると分かっている日に工事を依頼してください。また家具の位置変更や壁への穴あけを行う可能性もあるので、場所を決めて家具などを移動させておくといいですね。接続機器を繋ぐ電源タップの確保も必要になるので、こちらも用意しておきましょう。
工事が終わった後、インターネットへの接続設定は契約者が自ら行うことになります。自分での設定が難しい場合には「光セットアップサポート」という有償サービスもあるので、そちらを利用するという手もありますよ。
開通工事で発生する料金は以下の通りです。

<初期費用>
・契約事務手数料 … 3,000円

<開通工事費>
・立会工事ありの場合 … 24,000円
分割払いで24回、36回、48回、60回が選択可能。60回分割払いの場合は月額400円になります。

・建物内工事なし、室内工事のみの場合 … 9,600円
宅内の配線設備を再利用する場合、ひかり配線方式(光コンセントあり)の場合、LAN配線方式の場合は上記の価格となります。

光ファイバーが導入済の集合住宅なら「無派遣工事」が行えます!

現在インターネットを利用していない集合住宅は戸建てとほぼ同じ流れになり、工事費も同様の金額が適用されます。
しかし既に光ファイバーや光コンセントが導入済みのマンションやアパートの場合は、立会い不要の無派遣工事となる場合があるのをご存知でしょうか。無派遣工事ならNTTの局内工事だけで済み、自宅に工事業者は派遣されません。Softbank光の申し込み後、Softbankから機器が送られてくるので契約者が自ら光コンセントと機器の接続を行うことになります。

無派遣工事には光ファイバーと光コンセントの両方が必須で、たとえば光コンセントがあっても光ファイバーが撤去されている場合には派遣工事が必要となります。また光コンセントと光ファイバーの両方が揃っていても、経年劣化などで状態が悪い場合も同様に派遣工事が必要となるでしょう。

派遣工事と無派遣工事のどちらになるかは、あくまでも業者側が判断することなので、契約者側から無派遣工事を希望することはできません。業者は申し込みがあった後で光ケーブルが引き込まれているかどうかを確認します。派遣工事か無派遣工事のどちらになるかは、申し込みの後で判断されるということを覚えておきましょう。
無派遣工事が行われる場合は以下のような流れになります。

①Softbank光への申し込み後、Softbankから機器が届けられる
②NTT局舎で局内交換機工事が行われる
③工事完了後、自宅で機器を接続して接続設定を行う

機器には接続ガイドが同梱されているので、それを見ながら行えば簡単に接続できますよ。Softbankの公式サイトでも解説されているので、接続ガイドで分からない場合には公式サイトを利用するといいですね。
それでもインターネット接続が行えない場合には「BBサポートワイドサービス」という有償サポートがあります。こちらはインターネット接続やWi-Fi(無線LAN)設定など、インターネットについての困り事を電話または訪問でサポートしてくれるサービスです。電話相談は365日、9時から24時まで受け付けているので、もしもの時の選択肢に入れておくといいですね。
無派遣工事で発生する料金は以下の通りです。

<初期費用>
・契約事務手数料 … 3,000円

<開通工事費>
・無派遣工事の場合 … 2,000円

まとめ

今回はSoftbank光の開通工事が必要なケースと、不要なケースを紹介しました。Softbank光の開通工事で押さえておきたいポイントは以下の通りです。

・インターネットを利用していない状態での新規契約なら工事が必須
・フレッツ光から品目やタイプ変更を行わずに転用を行う場合は工事不要
・光ファイバー、光コンセントが導入済みの集合住宅なら無派遣工事になるケースもある

現在住んでいる自宅、あるいは引っ越し先のインターネット環境をよく確認の上、自分がどのケースに該当するのかを把握しておくといいですね。ただし派遣工事・無派遣工事のどちらになるかは申し込み後にSoftbank光が判断することなので、工事が必要な場合には基本的に派遣工事の価格で考えておくのが確実と言えるでしょう。
Softbank光はフレッツ光と同じ品質、同じ速度のまま費用を抑えてインターネットを楽しめます。この機会にSoftbank光の契約を検討し、今よりもお得で快適なインターネットライフを過ごされてみてはいかがでしょうか。