フレッツ光と光コラボの違いとは?メリット・デメリットや仕組みが3分でわかる!

「フレッツ光」と「光コラボ」の名前を聞いたときに、それぞれのサービスはどう違うのか?もし契約するならどちらがおすすめか?などの疑問を持ったことはありませんか?
そこで本記事では、名前のややこしい「フレッツ光」と「光コラボ」について、両サービスの特徴やメリット・デメリット、契約時の注意点などについて解説します。

フレッツ光と光コラボレーションの違いとは?

図で示している通り、「フレッツ光」はNTTとユーザーが直接契約する形で光回線が提供される語りになります。
対して光コラボレーションは、NTTが提供するフレッツ光をさまざまな事業者に卸すことで、NTTとは違った新たなブランドとして光回線を提供するサービスです。
NTT光と事業者がコラボすることによって、あたしいサービスとして生まれ変わるすがたは「光コラボレーション」の名前にぴったりですね。

光コラボレーションの誕生背景


ここで気になるのは、従来のフレッツ光を抑えて、なぜ光コラボレーションが誕生したのかという点です。

国有企業として誕生したNTTのサービスであるフレッツ光は、当然国内シェアNO1ですが契約数は頭打ちです。
そんな中、さらなるシェア拡大を狙って始まったのが「光コラボレーションサービス」です。

NTT側のメリットとしては

  1. 頭打ちだった契約をさらに拡大することができる
  2. 自社のリソースを割いて営業する必要がない=コスト削減になる

事業者側のメリットとしては

  1. NTTでなくても回線事業に参画できる
  2. 携帯とのセット割サービスを提供することで、携帯の契約数も増やすことができる
  3. 光回線は2~3年契約のため一度契約すれば、安定した収入を見込める

また、私たち消費者側のメリットとしては

  1. 多くの事業者が参入し価格競争になったことで、安価で回線サービスを利用できる
  2. 各事業者の特典を利用できる

などがあげられます。

光コラボのメリット

先ほど、消費者側のメリットとして、安価で回線サービスが利用できることや各事業者の特典が利用できることをお伝えしました。
他にもメリットは多数ありますので、本項目で詳しく見ていきましょう。

安価で回線サービスを利用できる

光コラボレーションの誕生により、ドコモ、au、ソフトバンク、So-net光、BIGLOBE光など多くの会社が回線事業に参入しました。
NTT1社の時はNTTの価格決定権が強かったですが、回線提供者が増えることで価格競争がおき、私たち消費者は今までよりも安い価格でサービスを利用できるようになりました。
そのことを示すデータが以下の表に表れています。(データは月額、税込)

<NTTの料金体系>

合計 基本料 プロバイダ料
一戸建て(東日本) 6,100円 5,000円 1,100円
マンション(東日本) 4,150円 3,250円 900円
一戸建て(西日本) 5,400円 4,300円 1,100円
マンション(西日本) 3,660円 2,850円 810円

<代表的な光コラボレーションの料金体系>

戸建て マンション
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
@nifty光 4,500円 3,400円
OCN光 4,100円 3,600円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円
@スマート光 4,300円 3,300円

表を見ると分かる通り、どの回線事業者もフレッツ光の料金体系からおよそ1,000~2,000円安くなっています。
2,000円近い割引であれば年間を通すと48,000円のコスト削減ができるので、現在フレッツ光を利用している方は回線事業者の変更を検討してみてはいかがでしょうか?

各事業者の特典を利用できる

次にうれしいのは、光コラボ事業者の特典を利用できることです。
前述した通り、光コラボの市場解禁で大小問わずさまざまな事業者が参入したことで、市場が飽和し価格競争が起きました。
そこで事業者側は、あまたのライバルの中から自社を選んでもらうため、さまざまな特典を用意し差別化を図っています。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯を持っていると、セット割が適用されるのもその一つ。
例えばソフトバンクであれば、携帯と光回線を合わせることで月額1000円引きとなるため、家族が4人いれば年間で48,000円もお得になります。

また、「U-NEXT 光」では、付与されるポイントを使って、毎月1本無料で最新映画を見ることもできます!
上記以外にもそれぞれの事業者が独自の特典を用意している場合があるので、気になる事業者のHPをチェックしてみるといいかもしれません。

フレッツ光からの「転用」であれば解約金ゼロ


冒頭で説明した通り、光コラボレーションはNTTの回線を利用しているにすぎないため、サービスの利用先は同じ会社です。
そのためフレッツ光から、光コラボレーションにサービス移行をしても解約金はかかりません。
「フレッツ光に新規契約したばかりで、更新月も遠い!」という方であっても安心して乗り換えができますね。

しかし、以下の2点においては料金が発生してしまうので注意が必要です。

  1. コラボ転用時に事務手数料や契約料がかかる。
  2. コラボ事業者や契約内容によって、NTTの工事費残高を一括請求されたり、新たな工事費がかかる可能性がある。

転用の手続きは5分で完了【具体的ステップ】

フレッツ光からソフトバンク光へは「転用手続き」を行えば簡単に乗り換え可能です。
以下に問い合わせて「転用承諾番号」を取得したのち、「ソフトバンク光」に申し込みをしましょう。
ソフトバンク光への申し込みは本サイトにご連絡ください。専門スタッフが丁寧にご対応します!

【NTT東日本】
電話番号:0120-140-202
受付時間:9:00~17:00(土日も受付/年末年始を除く)
【NTT西日本】
電話番号:0120-553-104
受付時間:9:00~17:00(土日も受付/年末年始を除く)

プロバイダの支払い先が統一されて楽

光コラボ各社はプロバイダ料がプランに含まれているため、フレッツ光と比べると料金プランがシンプルでリーズナブルになっているのが特徴です。
フレッツ光では回線事業者(NTT)とプロバイダ事業者に支払い先がわかれてしまいますが
光コラボは支払先が統一されているため、請求書のなどの管理が楽になります。

光コラボのデメリット

プロバイダの解約金がかかる可能性がある

フレッツ光から光コラボに乗り換える際、フレッツ光の解約金はかなりませんが、プロバイダの解約金はかかる場合があります。
例えばソフトバンク光に乗り換えるとすると、契約可能なプロバイダは「Yahoo!BB」のみなので、
現在使用しているのがYahoo!BB以外のプロバイダであれば解約の必要性がでてきます。
光コラボに乗り換える際は「プロバイダを引き継げるのか?」「契約期間はどれくらい残っているのか?」などをしっかりと確認しましょう。

問い合わせ窓口がバラバラになる


光回線において何かアクシデントがあったり、質問したいことがあるときはNTTではなく、回線事業者に連絡する形になります。
フレッツ光であれば問い合わせ先が一本化されていたのが、光コラボだと「どこに問い合わせすれば正解なのかわからない」といった事態も起こりがちです。

さらに小さな事業者だとコールセンターは平日のみ、電話が混み合っていてなかなか繋がらないなども起こり得るので、
事前に運営元のサポート体制を確認しておくとよいでしょう。

悪質事業者や勧誘電話がある

固定電話を引いている方は、光コラボの電話勧誘を一度は経験したことがあるのではないでしょうか?
ほとんどの会社はしっかりと営業していますが、コラボ会社は200社以上あるため、中には悪質な事業者も混じっています。

強引な勧誘で詳しくない方を契約させた事例や、安くなるからと言われたのに余計なオプションがついていたなどの営業手法に国民生活センターにも苦情が寄せられているのが現状です。Twitterでも以下のような口コミを発見しました。

そもそも、回線の変更案内で、NTTが電話をかけてくることは決してありません。
悪質と取れる営業電話がかかってきたときは、なにかしらの理由をつけて電話を切り、その場では絶対に契約してはいけません。

営業電話をうのみにして言う通りにするのではなく、ネットでしっかりと調べて自分なりで理解しようとする「自発的行動」が重要です。

本サイトではソフトバンク光への乗り換えに対して【専門スタッフ】を用意しています。
不安な場合はお気軽にご相談ください!

解約前の注意点【ポイントがなくなる】

フレッツ光を解約すると、会員限定で毎月たまっていたポイントが消えてしまうので注意が必要です。
乗り換える場合は、前日までに会員ページからポイント交換を済ませておきましょう。

ポイントは、電化製品や食材、サービス券などに交換することができます。

・東日本の人はこちらから交換
・西日本の人はこちらから交換

ドコモ・ソフトバンクのスマホユーザーは光コラボがお得!

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルのスマートフォンを利用されている方であれば、携帯電話と回線をセットにすると、月額1,000円の割引サービスが受けられます。

ドコモ光の申し込みはこちらから!

ソフトバンク光の申し込みは当サイトよりご連絡ください!
ソフトバンクに関してはプロバイダが「Yahoo!BB」の一択のみですが、Yahoo!ならではのお得なオプションが豊富に用意されています。
Yahoo!BBの詳細はこちらをクリック!

※auは回線がKDDIになるので、光コラボの対象外です。

まとめ

「フレッツ光」と「光コラボ」の違いについてはいかがだったでしょうか?
フレッツ光よりも光コラボのほうが料金が安く、事業者独自のオプションも利用できるため、特にこだわりがなければ乗り換えがおすすめです。
しかし、乗り換えることによって発生する違約金などで赤字になってしまう場合もあるため、料金面をきちんと理解したうえで乗り換えるのがおすすめです。
ソフトバンク光への乗り換えは当サイトよりご連絡ください!
また、ドコモ光の乗り換えはこちらのサイトがおすすめです。専門スタッフが親切に対応してくれます。