SoftBank光(ソフトバンク光)を引っ越し先でも使う5ステップ!キャンペーン情報、費用、注意点なども徹底解説!

ソフトバンク光の引っ越し手続き【ステップ式】

※【引っ越す前に要確認】移転先でもSoftBank光を使えるの?

引っ越し先がSoftBank光の提供エリア外の場合、サービスの継続利用はできないので注意してください。
提供可能なエリアは下記サイトから確認できるので引っ越す前に必ずチェックしましょう!

東日本の方はこちらから検索!
西日本の方はこちらから検索!

手順①:必要な情報を用意する

引っ越し先が提供エリア内であることを確認したら、さっそく引っ越し手続を行います。
その際に必要な情報は以下の通りです。

  • ご契約者様の「氏名」、「登録電話番号」、「生年月日」
  • 引っ越し先ご住所
  • 引っ越し予定日(現住所からの退去日、引っ越し先住所への入居日)
  • 工事お立会い人の「氏名」、「連絡先」

手順②:引っ越し手続きを行う(お店or電話orネット)

ソフトバンク光の引っ越し手続きは、以下の通り3つの手段があります。

1.ソフトバンク or ワイモバイルショップ

お近くのソフトバンクかワイモバイルのショップで手続きが可能です。
電話はつながりにくい場合もあるので、近くにショップがある方は店頭で相談するのがおすすめです。

全国のソフトバンクショップを探す!
全国のワイモバイルショップを探す!

2.ソフトバンクのサポートセンター0800-111-2009に電話する

ソフトバンクショップに行くことができない方は、ソフトバンクのサポートセンター
0800-111-2009(10~19時)から手続きを行いましょう。

※混雑して繋がらない場合は、My Softbank「折り返し電話サービス」を利用するのがおすすめ!

【注意】電話でしか手続きできない場合もある!

以下に該当する場合は電話でしか申請を受け付けてくれないので注意が必要です。

    • 東日本⇔西日本でエリアをまたいで引越しをする場合
    • ホワイト光電話と光電話(N)を両方使用している場合

東日本と西日本のサービス提供地域は以下の通り。例えば、東西の境目である山梨から静岡に引っ越す場合は電話での手続きになるので注意が必要です。

出典:NTT東日本、NTT西日本のサービス提供地域について

3.ネットから申請する

ショップ、電話の両方とも厳しい場合は、ソフトバンクの契約者ページから申請しましょう。

手順③:引っ越し先での利用プランを確定しよう!

手続きの際に引っ越し先ではどういったプランで利用するのかを決めます。
転居先が戸建てか集合住宅かによって契約プランが異なるので
以下の表を参考に引っ越し先に最適なものを選んでください。

※税抜き表示
※1 「5年自動更新プラン」は、「ソフトバンク光テレビ」(750円/月)のお申し込みが必要です。
(2018年12月ご利用分より月額料を750円に改定しました。)
※2 「スカパー!セット」はSoftBank 光のお申し込み時に「スカパー!」に加入することが条件です。
※3 「ファミリー・ライト」はご利用通信量によって、料金が変わります。詳しくはこちら
出典:ソフトバンクサポート([SoftBank 光]月額料金はいくらですか?)

手順④:利用中のソフトバンク光の撤去工事を行う

手続きから数日後に工事担当者から電話がかかってくるので、そのときに「引っ越し元での撤去工事日」と「引っ越し先での開通工事日」を決めていきます。
その後、確定した工事日と立会人の最終確認がSMSか書面で届きます。

基本的に回線撤去工事はほとんど行いませんが
「賃貸の管理会社から撤去工事を求められた場合」
「集合住宅でもホームタイプで契約していた場合」に限り工事が必要です。

工事となったら立ち合いが必要なので、2時間くらいはみて余裕を持って担当者を迎えてくださいね。

手順⑤:引っ越し先の建物でソフトバンク光の開通工事を行う

次に実施するのは転居先での開通工事です。
撤去時と同様立ち合いが必要なので、時間には余裕を持ってスケジューリングしましょう。
宅内機器の交換が必要な場合は、開通工事前に郵送にて手元に届きます。その際、前に使っていた機器が必要なくなるので、別途送られてくる「レンタル機器返却キット」を使ってNTTに返却しましょう。

開通工事が転居までに間に合わない方は【WIFIレンタル】がおすすめ!

ソフトバンク光は、引っ越しの手続きを行ってから完了するまでに、通常2~3週間程度の時間を要します。
さらに新生活の開始に伴ってインターネットの申し込みが増える2~3月の引っ越しシーズンは、とくに手続きが混み合うので、転居までに開通工事が間に合わないといったケースもちらほら。

スマホのデータ容量が少ないのに引っ越した先でWifiが使えなくて困っている…。
仕事で調べ物をしたいのにインターネット環境がなくてどうしよう…。

といった方におすすめしたいのが「ソフトバンクエアー開通前無料レンタル」
その名の通り開通工事が完了するまでの間、ソフトバンクが無料のポケットWi-Fiを貸してくれるサービスです。
ソフトバンク光を申し込むときに希望すればサービスを利用できます。

しかし、申し込みから製品が到着するまでに3日ほどかかり、レンタル機器は自分で返却しなければいけないため
開通工事が1週間後などであればレンタルではなく、工事完了を待つほうが手間がない場合もあります。

ソフトバンク光の引っ越しに必要な工事費用はいくら?

ソフトバンク光の引っ越しに必要な工事費用は以下の通りです。

派遣工事あり
(既設設備・光コンセントなし)
派遣工事あり
(既設設備・光コンセントあり)
派遣工事なし
工事費用 24,000円 9,600円 2,000円

※税抜き表示
出典:SoftBank 光 引っ越しのお手続き

支払回数は一括または24回、36回、48回、60回の分割払いから選べるので、「すぐに工事費用を用意できないよ!」といった方でも大きな負担なくインターネットサービスが利用できますね。

ソフトバンク光のお得な【キャンペーン】で工事費用が0円⁉


出典:SoftBank 光 引っ越しのお手続き
通常であれば最大24,000+税のかかる工事費用ですが、2018年1月10日(水)より条件を満たした方限定で工事費用が無料になるキャンペーンが行われています!
キャンペーンの終了時期は未定のため、引っ越し先でも継続してソフトバンク光を使用したい方は早めの申し込みがおすすめです!

工事費0円キャンペーンの対象条件とは?

工事費が無料になるにはキャンペーン期間中に、①~③すべての条件を満たす方が対象となります。

  • 現在ソフトバンク光を利用中で、引っ越し手続きを行う。(新規契約不可)
  • 引っ越し手続きを行った日から、90日以内に引っ越し先の工事を完了させる。
    (申込後に工事日の変更があった場合、最大180日以内の工事完了が条件)
  • 引っ越し先の住所が確定していて、住所変更を伴う引っ越しである。

さらに今なら!【当サイト限定】ソフトバンク光に新規申し込みで最大8万円キャッシュバック中!

追加費用がかかる4ケース

キャンペーンを適応すればソフトバンク光の工事費用は無料になりますが、以下に該当する場合は追加費用がかかってしまうので注意が必要です。

1.初期工事費の残債がある場合

初期工事費の残債がある場合は、引っ越した先でも料金の支払いが発生します。
工事費用は「24,000円」「9,600円」「2,000円」のいずれかになります。
工事費用の最も高い24,000円を24回払いで20か月支払っていた場合、2万円は払い済みですが残債が4,000円あります。
この4,000円は引っ越し先でも自動で引き落としされてしまうので、初期工事費の残債があまりに多い場合は他社に乗り換えてキャッシュバックを使用したほうがお得な場合があります。

2.土日祝日や夜間に工事する場合

土日や夜間に工事をお願いする場合は以下の通り追加費用がかかります。
契約者以外でも工事の立ち合いはOKなので、平日にどうしても時間が取れない方は代理人を用立てるのがおすすめです。
※税抜き表示
出典:[SoftBank 光]土日や休日にも工事はできますか?

3.NTT東日本と西日本のエリアをまたぐ引っ越しの場合

東から西、もしくは西から東にまたいで引っ越しをする場合は、3,000円の追加手数料がかかります。
引っ越し先が東西のどちらに属しているかは下の図を参考にしてください。

出典:NTT東日本、NTT西日本のサービス提供地域について

4.継続して「光電話」「ホワイト光電話」「ソフトバンク光テレビ」を利用する場合

光電話、ホワイト電話、ソフトバンク光テレビを継続利用する場合、以下のとおり追加料金がかかります。
また「光電話」の利用とともにほぼ必須で取り付けるホームゲートウェイの設置まで行ってもらう場合は1,500円、設定まで行ってもらう場合は+1,000円の手数料がかかります。

※税抜き表示
出典:SoftBank 光 引っ越しのお手続き

まとめ

ソフトバンク光は、引っ越し時にも簡単に手続きができて、工事費用0円とかなりお得です。さらに、おうち割光セットもそのまま継続して受けることができるので、ソフトバンクやYモバイルのスマホを使っている方は、お得にサービスがご利用できるのもうれしいポイントですね。
【当サイト限定】ソフトバンク光に新規申し込みで最大7万円キャッシュバック!