フレッツ光は高いって知ってた?ソフトバンク光への乗り換えなら、年間〇〇円も節約に!

現代人にとってインターネット環境は、生活インフラの一つとして定着しています。インターネット回線として知名度が高く利用者も多いフレッツ光ですが、月々に発生する費用が気になるというお悩みを抱える人も少なくありません。もはやインターネットは生活に欠かせなくなっているからこそ、毎月の費用はなるべく節約したいところですよね。
同じ回線でもソフトバンク光の方が、フレッツ光よりも費用面でかなりお得になることをご存知でしょうか。今回はフレッツ光からソフトバンク光に乗り換えると、費用面でどれだけお得になるのかについてお届けさせていただきます!

フレッツ光について

フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供する光インターネットサービスで、東日本と西日本でプランや料金が異なります。NTTが提供している回線ということで信用度が高く、利用者も多いブロードバンドサービスとして知られていますね。しかし最近では光コラボレーションやauひかり、nuro光などの登場により、他社の光回線と比べると料金が高い傾向にあるのをご存知でしょうか。
第一の理由としては、フレッツ光では回線料とプロバイダ料が別々に発生しますが、光コラボや独自回線業者の場合は回線とプロバイダをセットでまとめて提供するので、料金が抑えられるからです。
第二の理由として、家電量販店のキャッシュバックキャンペーンでフレッツ光を申し込んでいる場合、参加条件としてさまざまなオプションが契約されていることもあるようですね。不要なオプション加入のおかげで月々の請求金額が数千円規模で跳ね上がってしまうこともありえます。もちろんオプションを解約することも可能ですが、たった一度の出費でもバカになりません。不要なオプションであれば最初から無駄な出費は抑えたいところですよね。
また光コラボや独自回線業者はキャッシュバックやスマホとのセット割といったキャンペーンを開催しています。そういった面も加味すると、どうしてもフレッツ光の月額料金は割高になってしまいがち。国内最大手の光回線サービスとして信頼性の高さと通信速度・品質には定評がありますが、料金面での問題から乗り換えを検討する人が年々増えているようですね。

ソフトバンク光について

ソフトバンク光とは、フレッツ光の提供をソフトバンクが請け負う光コラボレーションの一つです。フレッツ光と同じインターネット設備を使用しているので、速度や品質は変わらないまま費用を抑えてインターネットが利用できますよ。
現在他社の通信回線を利用している場合でも、ソフトバンク光では乗り換え費用を負担してくれるweb申し込み限定のキャンペーンを提供しています。違約金や撤去工事費を最大10万円まで負担してくれるので安心して乗り換えができますね。
さらにソフトバンクのスマホとセットでソフトバンク光に乗り換えると、永年で毎月最大1,080円(税込)のスマホ料金が割引される「おうち割」に加入できます。家族がソフトバンクのスマホ/ケータイ/タブレットを利用している場合は、そちらの利用料も毎月最大1,080円ずつ割引されるので、ぜひ一緒に利用したいですね。

フレッツ光の料金はどのくらい?

フレッツ光の定額プランである「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」では、月額料金が以下のように設定されています。

<戸建て向け>
・フレッツ光通常料金 … 5,700円
・ギガ押し!割引(30ヶ月割引) … -300円
・にねん割(2年単位契約/中途解約金あり) … -700円
・フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント(1年目のみ) … -100円
・プロバイダサービス月額利用料 … 500円~

以上合計の5,100円~が月々の請求額になります。それとは別に初期費用として以下が設定されています。

・契約料 … 800円
・初期工事費 … 18,000円 ※土・日・祝に工事を実施する場合は、さらに3,000円が上乗せされる。

戸建てタイプで初期工事費用を分割払いにする場合、初回は3,000円、2回目以降は毎月500円の30回払いとなります。
これを踏まえて合計金額を算出すると、フレッツ光は月々5,600円(税抜)の費用が発生することになりますね。

<集合住宅向け>
・フレッツ光通常料金 … 4,350円(ミニ:4契約以上)、3,750円(プラン1:8契約以上)、3,350円(プラン2:16契約以上)
・ギガ押し!割引(30ヶ月割引) … -200円
・にねん割(2年単位契約/中途解約金あり) … -100円
・フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント(1年目のみ) … -100円
・プロバイダサービス月額利用料 … 500円~

ミニの合計は4,450円~、プラン1は3,850円~、プラン2は3,450円~となります。こちらも以下の初期費用が必要となるので、覚えておきましょう。

・契約料 … 800円
・初期工事費 … 15,000円 ※土・日・祝に工事を実施する場合は、さらに3,000円が上乗せされる。

マンションタイプで初期工事費用を分割払いにする場合、初回は3,000円、2回目以降は毎月400円の30回払いとなります。
これを踏まえて合計金額を算出すると、ミニは4,850円、プラン1は4,250円、プラン2は3,850円の月額費用が発生することになりますね。

ソフトバンク光の料金はどのくらい?

一方、ソフトバンク光の月額料金プランは以下のように設定されています。

<戸建ての場合>
・5,200円/月(税抜)

<マンションの場合>
・3,800円/月(税抜)

この他に初期費用として、3,000円(税抜)の事務手数料が発生します。他社からの乗換費用はキャンペーンとの併用で実質0円に抑えられますよ。
フレッツ光と比較すると戸建ての場合で月額400円~、マンションの場合で月額最大1,050円~がお得になります。これを年間12ヶ月分に換算すると、戸建てタイプで4,800円、マンションタイプで12,600円もお得になりますね。
さらに加えておうち割を利用することで、スマホの月額料金もかなりの節約が実現できます。
・1人 … 最大1,080円/月
・2人家族 … 最大2,160円/月
・3人家族 … 最大3,240円/月
・4人家族 … 最大4,320円/月

ソフトバンク光とおうち割を併用することで月々にかかる固定費の大幅カットが実現できます。上記の金額は月々の割引金額なので、こちらも12ヶ月に換算するとなんと年間12,960円~51,840円も節約できることになりますよ。
ソフトバンク光の魅力は単独で使うよりも、おうち割とセットで使用することで格段に跳ね上がります。おうち割は離れて暮らす家族も割引対象となるので、ソフトバンク光への乗り換えを検討している人は、スマホの乗り換えも一緒に検討することをオススメします。

まとめ

今回はフレッツ光とソフトバンク光の料金の比較をお届けさせていただきました。
固定費の節約を考えるのであれば、フレッツ光の利用を続けるよりも光コラボレーションに乗り換える方がずっとお得になります。ソフトバンク光とおうち割をセットで利用すれば、インターネット回線だけでなく月々のスマホ料金の見直しも可能ですよ。家族もソフトバンクのスマホを使用している場合は、家族のスマホ料も割引されるので利用しない手はありません。
インターネットの回線料金を見直したいと考えている方はもちろん、家計全体の固定費を減らしたいと考えている方は、この機会にソフトバンク光への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。