ソフトバンク光(SoftBank 光)でスカパー!は見られる?CS放送は?

テレビをよく観る人にとって、多彩なチャンネルを視聴できるスカパー!は魅力的なサービスの1つですよね。アンテナを立てたり、ケーブルテレビの契約をして利用している人もいると思います。そんなスカパー!は、SoftBank光などのネット回線を使って視聴することもできるんです。そこで今回は、SoftBank光で観るスカパー!の特徴についてご紹介します。

ソフトバンク光(SoftBank光)とは?

ソフトバンク光(SoftBank光)とは、ソフトバンクが提供する家庭用インターネット通信サービスです。SoftBank光は光ケーブルを使った光回線で、従来のADSL通信より非常に速い通信ができます。ネットをストレスなく使いたい人や、使用量が多い人にオススメです。導入する際は、光ケーブルを自宅に引き込む工事をします。現在NTTが提供するフレッツ光を利用している人は、既に引きこんだNTTの光ケーブルをSoftBank 光でもそのまま使います。工事が不要なので、より簡単にSoftBank 光を利用し始めることができます。

SoftBank 光でスカパー!を契約できるってどういうこと?

スカパー!は自宅のテレビで多彩なジャンルの番組を観ることができる有料多チャンネル放送サービスです。戸建住宅に住んでいて、且つSoftBank光テレビ提供エリアであれば、SoftBank光でスカパー!の契約をすることができます。(※NTT東日本エリアの集合住宅でも、SoftBank 光・光配線方式でSoftBank光テレビ提供エリアなら、SoftBank光でスカパー!を利用可能です。)SoftBank光でスカパー!を契約するには、SoftBank光テレビを同時契約する必要があります。SoftBank光テレビは光回線を通して地デジ・BS放送を視聴できるサービスです。下の表は、月々の支払い金額の一例です。

表)月額料金

 

スカパー!のプラン SoftBank 光(戸建住宅) SoftBank光テレビ(地デジ・BS) スカパー!(スカパー!セレクト5の場合) 工事費用(60回分割、テレビ2~3台接続の場合) 月額利用料期合計
2年自動更新プラン 5,200円 660円 2,223円(基本料390+視聴料1,833円) 850円 8,933円
5年自動更新プラン 4,500円(700円割引) 660円 2,223円(基本料390+視聴料1,833円) 850円 8,233円

SoftBank 光・スカパー!の5年契約のプランにすると、月々700円、5年間で42,000円の割引があるので、セットで契約するのがおすすめです。
スカパー!のパックやセットは複数あり、月1,833円以上の商品であれば選べます。表に記載した「セレクト5」は、45チャンネルから好きな5チャンネルを選べるプランです。他にも47チャンネルが見放題の「新基本パック(基本料込3,790円)」や、ハイビジョン映像を観ることができる「光パックHD(基本料込4,152円)」等があります。

スカパー!の特徴

SoftBank 光のスカパー!は通信環境がいい!?

通常、スカパー!を観るには、専用のアンテナを設置しないといけません。一方SoftBank 光は、光回線を通して地デジ・BS・CS(スカパー!)の信号を送ることができます。専用アンテナが不要なため、故障の心配がなく、悪天候でも安定した状態で電波を受信可能になります。住宅の外観もスッキリするため、新築を購入する人にも人気です。

必要な機器はある?

ほとんどの家庭用テレビにはBS/CSチューナーが搭載されているため、基本的にチューナーを別途買う必要はありません。チューナー用のリモコンが新たに増えることもないため、使い勝手もいいです。「スカパー!光パックHD」の視聴には対応チューナーが必要になります。あらかじめ自分に必要なプランや機器の確認をしておきましょう。

外出先でもスカパー!

スカパー!に加入して入れば、スカパー!オンデマンドというサービスが無料(一部割引)で付いてきます。スカパー!オンデマンド、はスカパー!の番組をスマホ・PC・タブレットでも視聴できるサービスです。観たい番組があるのに家族が他の番組を観ている時も、外出先でも、インターネットを使ってスカパー!を観ることができます。

録画はできる?

SoftBank 光でスカパー!を利用する場合も、録画は可能です。録画するには、CS放送に対応したレコーダーか、外付けハードディスクを準備しましょう。全てのチャンネルを録画できるため、同じ時間帯に観たい番組が重なっても安心です。

まとめ

SoftBank光で観るスカパー!の特徴についてご紹介しました。SoftBank光でスカパー!を利用すると、料金を割引することができます。また、アンテナの設置が不要なため、安定して電波を受信できるなどのメリットもあります。現在フレッツ光を利用している人はSoftBank光への移行もスムーズにできるため、是非この機会に加入を検討してみましょう。