【ソフトバンクからLINEMOへ】手数料が無料に?撤廃とキャンペーンの違いも紹介

手数料を無料で乗り換えできたスマホを持った女性

ソフトバンクが展開する新たな料金サービスとして「LINEMO」というサービス名や全体像が発表されました。そこでLINEMOへの乗り換えを検討している方も多くいらっしゃるでしょう。

このタイミングでソフトバンクに関する各種手数料の一部撤廃も発表されています。とくに気になるのが、ソフトバンクブランド間における乗り換えではないでしょうか。

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えを検討しているけど、手数料はいくらかかるのかといった疑問を抱えているケースもあるはずです。

そこで今回はソフトバンクにおける契約関連の手数料撤廃、ブランド間における手数料無料キャンペーンについてご紹介していきます。

後半では改めてLINEMOのメリットや注意点もご紹介していますので、LINEMOを検討している方は是非最後までチェックしてみてください。

ソフトバンクが各種手数料の一部撤廃へ

ソフトバンクでは契約手続きで発生する各種手数料の一部について、3月17日以降撤廃するとしています。

MNP転出手数料

すべての窓口において、MNP転出手数料3,300円(税込)を撤廃します。これまでMNPを行う際に転出手数料として3,300円(税込)が発生していましたが、この手数料が窓口の種類に関わらず無料になるということです。

これにより、ソフトバンクユーザーがLINEMOに乗り換える場合も安心して手続きできますね!

WEB上の事務手数料

これまでWEB上における契約手続きに関しても3300円(税込)の事務手数料が設けられていました。これを撤廃することにより、新規・機種変更・契約変更・MNPでも手数料の心配なく手続きすることができるようになります。
しかし撤廃の対象はWEB上の手続きのみとなりますのでご注意ください。
※ソフトバンクブランド間においては店頭における事務契約手数料も無料のキャンペーンを実施(以下、参照)

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えると手数料無料?

ソフトバンクでは、上記の全体手数料の変更に加えて、ブランド間(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO)における手数料を撤廃するキャンペーンの実施を発表しました。

従来は店頭での契約や解約の際に、契約事務手数料3300円(税込)や契約解除料10450円(税込)が発生していましたが、無料になります。

これにより、ソフトバンクからLINEMOに契約変更する場合も無料で手続きが行えるようになるため、LINEMOに注目しているソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーも費用を心配せずに乗り換えすることができるでしょう。

解約手数料も無料

また今回LINEMOという新たな料金サービスへの期待や注目が高まるなかで試しに乗り換えてみたいという方も多いはず。今回の手数料無料のキャンペーンでは店頭における契約事務手数料と各サービスの契約解除料が無料になるため、安心です。

このキャンペーンが実施されることで、ソフトバンクブランド間の乗り換えが気軽にできるでしょう。

》ソフトバンク携帯の契約を検討している方は無料相談をご活用ください

ソフトバンクからLINEMO乗り換えの手数料について

以下、ソフトバンクからLINEMOに乗り換える際の手数料や条件をご紹介します。

キャンペーン名 解除料0円特典
特典内容 契約解除料10,450円(税込)→無料に
条件
ソフトバンクからLINEMOにMNPすること
実施期間 未定

この場合、ソフトバンクの解除料金が無料となります。契約事務手数料は、オンライン専用ブランドのため無料でご利用いただけます。

LINEMOからソフトバンクから乗り換えの手数料について

逆にLINEMOからソフトバンクに戻したいという場合の手数料や条件をご紹介します。

キャンペーン名 事務手数料0円特典(ソフトバンク)
特典内容
契約事務手数料3,300円(税込)→無料に
条件
LINEMOからソフトバンクへMNPすること
実施期間 未定

こちらはLINEMOからソフトバンクに契約を変更する際に、店頭手続きでかかる事務手数料を無料とするものです。オンライン上での契約手数料は全体として撤廃されますが、店頭での手続き事務手数料として3,300円(税込)発生する仕組みは依然のままとなります。これが無料になるので、店頭でも事務手数料の心配はいりません。

またLINEMO自体の契約解除料は無料として提供されるためLINEMOにおける契約解除料の心配もありません。しかしあまりにも早期解約に関してはキャリア側からしても良い印象を受けないためご注意ください。

》ソフトバンク携帯の契約を検討している方は無料相談をご活用ください

LINEMOのメリット

注目を集めるLINEMOのメリットについて以下でチェックしてみましょう。

料金が安い

LINEMOは、サービス発表当初、3,278円(税抜2,980円)で提供されるとしていました。しかしKDDIのpovoが無料通話を選択性にすることで2,728円(税抜2,480円)で提供することを踏まえて同様の内容を採用し、2,728円(税抜2,480円)での提供へと変更されました。

これにより現時点でドコモのahamoより毎月550円(税抜500円)安く、KDDIのpovo同様の料金として提供されることになっています。

キャリアの通信回線を利用でき、通信量20GBを使えるサービスとして、シンプルで安い料金が利用できるとして注目を集めています。

LINE通信量ノーカウント

LINEMOの大きな魅力のひとつがこちらの「LINEギガフリー」。サービス発表当初は、メッセージや音声通話がノーカウントになるとされていましたが、ビデオ通話も含めてノーカウントということが発表されました。

新型コロナウィルスで人と会うことができない分、ビデオ通話を利用しているケースも多くあるでしょう。こうした場合に通信量がノーカウントになるのは嬉しいですね。

通話オプションが選べる

LINEMOではサービス発表当初は5分間の無料通話が付いた音声通話サービスとして提供される予定でした。しかし最新の発表では、通話無料オプションがオプションサービスとなり、その分料金が安く提供されるとして発表されています。

無料オプションを利用したいという場合には、5分間無料通話が月額550円(税込)、時間制限なく無料の場合には月額1,650円(税込)で選べるようになっています。

特にLINEの音声通話なども浸透してきているため、キャリアの通話をほとんど使わないという方にとっては、無料通話が選択制になったことでよりお得感が感じられるでしょう。

ソフトバンク回線を使える

LINEMOは、MNOとしてソフトバンクの回線をそのまま利用できるようになっています。料金は安く、電波や通信状況もこれまでのキャリアと同様のものを利用できるのは安心です。

LINEMOとは?名称決定で3月17日から!料金2,480円で提供へ

LINMOで注意しておくべき点

次に、LINEMOを検討するうえであらかじめ把握しておきたい注意点を以下でご紹介していきます。

オンライン専用ブランド

LINEMOは、オンライン専用ブランドとして提供されます。そのため、各種問い合わせや契約に至るまですべてインターネット上のみで完結する仕組みと言えるでしょう。

従来、携帯電話やスマートフォンの契約や相談に関してはソフトバンクショップ店頭やお役様センターなどの公式窓口で対応していましたが、こうしたサポートがありません。そのため、インターネットに不安があるという方や契約関係は対面や口頭でしっかり相談したいという場合にはサポート体制が整っている「ソフトバンク」スマホがおすすめです。

対応機種は3月上旬に発表予定

LINMMOで使える端末情報については現時点で未定となっていますが、Ymobileで使える端末は使える見込みとされています。

検証等の結果として、3月上旬に詳細が発表されるため、それまでは端末がそのまま使えるのかどうかは未定となるでしょう。LINEMO独自の端末が用意されるのかどうかも注目が集まっています。

家族割の対象にはならない

ソフトバンクのプランでは、家族割に加入する人数に応じて割引額が変わる「新みんな家族割」が展開されていますが、LINEMOではこの割引サービスのカウント対象にはなりません。

キャリアメールは使えない

ahamo同様、キャリアが発行する携帯電話用のメールアドレスはサービスとして提供されません。そのため、これまでキャリアメールを使用していた場合には登録変更やお知らせ当の対応が必要になるでしょう。

Yahoo!プレミアム特典として還元率アップや読み放題プレミアム等が対象外

ユーザーの間で注目されている点として「Yahoo!プレミアムが対象外」になるという点です。通常は月額508円(税込)のこちらのサービスですが、ソフトバンクやワイモバイルではこのサービスを無料で利用できるという特典があります。

具体的には「Yahoo!ショッピング」や人気キャッシュレス決済での還元率がアップするなどのメリットのあるサービスです。これがLINEMOの場合は無料で利用することができません。こうした特典やポイント制度を活用している方は少なくなく、デメリットとして感じている方も多いようです。

国際ローミングにも注意

国際ローミング自体はオプション料金なしで利用できます。しかし、申込みが必要な点と実際に利用した際には通信量に応じて料金が発生するという点を認識しておきましょう。

通信量の20GBのなかで使用できるわけでなく、「海外パケットし放題」の適用で1日最大3,278円(税込)となります。

まとめ

今回はソフトバンクの手数料に関する動きとともに、ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える際の手数料無料キャンペーン、LINEMOのメリットや注意点をご紹介しました。

2021年3月17日からいよいよLINEMOの提供が始まります。乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてみてください!

当サイトではLINEMOの総合的な解説記事やソフトバンクの契約をこれから行いたいと検討している方に向けて無料相談窓口をご用意しています。ぜひご活用ください!

》ソフトバンク携帯の契約を検討している方は無料相談をご活用ください

LINEMOとは?名称決定で3月17日から!料金2,480円で提供へ