SoftBankAirは持ち運べるの?外出先でも使える?

固定回線ではないSoftBank Airは持ち運びも簡単なため、「家の外でも使えるのでは?」と思う方もいるかと思います。そこで今回は、SoftBank Airが外出先でも使えるのかどうかについて、規約について調べてみました。

SoftBank Airとは

SoftBank Airとは、コンセントにさすだけでネットに繋がる自宅用の通信回線です。提供エリア(電波が届くエリア)内であればネットに繋がります。コンセント以外の配線が必要なく、導入工事が不要で、固定回線よりも手軽に利用し始めることができます。持ち運びも簡単で、コンセントがある場所であれば家中好きなところに置けます。また使用できるデータ容量に制限がないため、スマホのように通信制限を気にする必要がありません。
引越しをする時も、引越し先が提供エリアなら継続して利用することができます。ソフトバンクショップかWEBサイト上で簡単な引越し手続きをして、SoftBank Airの本体機器を持っていけば、新居でもすぐにネットに接続します。引越し先でもすぐに使えるのであれば、引越し以外でも自宅の外でSoftBank Airを使っていいのでしょうか。

SoftBank Airは外出先で使ってもいいの?

SoftBank Airは、提供エリア内でコンセントがある場所であれば、ネット接続は可能です。しかし車内や帰省先の実家など、契約住所以外でSoftBank Airを利用すると契約違反になります。ソフトバンクの「SoftBank Air 重要事項詳細・サービスの利用制限」の記載にも、「お申し込みいただいた設置先住所でのご利用に限るものとします。ご登録いただいている設置先住所以外で利用された場合、本サービスの契約を解除させていただく場合があります。」と書いてあります。

ソフトバンクはSoftBank Airの利用場所を把握することができるため、契約違反をしている人には「ご申告住所でのご利用のお願い」という警告のメールやハガキが届きます。それ以降も違反を続けると、強制的にSoftBank Airが使えなくなってしまいます。SoftBank Airはそもそも、持ち運んで使うネット接続サービスではありません。あくまでも「自宅の中だけで使う固定回線」として考え、自宅以外で使わないようにしましょう。

また、SoftBank Airを外出先で使うことは「電波法」という法律に違反します。SoftBank AirはWi-Fi接続時に、5Ghzと2.4Ghzの2種類の電波を使っています。5Ghz帯の電波は、自衛隊のレーダーや航空無線、GPS衛星、気象衛星などの重要な通信にも使われています。電波同士が干渉して重大な事故が起こらないように、電波法によって屋外での5Ghzの利用が禁止されているのです。電波法に違反すると懲役刑や罰金刑になるため、外出先でのSoftBank Air利用は絶対にやめましょう。

まとめ

SoftBank Airを外出先で使った場合、ソフトバンクの規約違反で強制的に利用できなくなるだけでなく、法律違反になる場合もありました。街中にはFree Wi-Fiスポットも増えてきているため、SoftBank Airは自宅で使って、外出先ではFree Wi-Fiのアクセスポイントやスマホのデータ通信を使うようにしましょう。