SoftBankAirの毎月の支払方法について。途中から支払方法は変えられるの?

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)の契約を考えている人は、契約前に料金の支払い方法を確認する思います。そこで今回はどんな支払い方法があるのかと、支払い方法の登録や変更手続き、支払いに関する注意点についてご紹介します。

ソフトバンクエアー(SoftBankAir)の支払い方法

選択できる支払い方法と、登録方法

SoftBank Airの支払い方法は、クレジットカードと口座振替の2種類です。口座振替は、各種銀行や金融機関の口座はもちろん、インターネットバンキングの口座を指定することもできます。支払い方法の登録手続きは、SoftBank Airの契約申込とは別に行います。

Yahoo!ウォレットとは、ネット上で支払いなどができるサービスです。サイト内の指示に従って操作を進めると、クレジットカードもしくは口座の情報を登録することができます。ハガキは、SoftBank Airの契約後に送られてくる「ご利用開始のご案内」の封筒の中に入っています。同封されている支払い登録方法の説明書きを参考に、支払い情報を記載し印鑑を捺印してソフトバンクに返送します。

コンビニ支払いは登録することができせん。ただし、事前に支払い方法を登録していない場合や、登録情報の不備などで引き落としされなかった時のみ、コンビニやソフトバンクショップで支払いをすることになります。ソフトバンクから一時的に振込票が送られてきますが、振込票発行手数料やコンビニ収納手数料が発生し、割高になってしまいます。

支払い時期・料金の支払い確認

SoftBank Airの月額料金やオプション料金は利用月の末日締め、翌月請求になります。支払時期は登録している支払い方法によって異なります。
支払いの確認はMy SoftBankで行うことができます。My SoftBankは、SoftBank Airやスマホなどの契約者専用会員ページです。利用料金の確認だけでなく、各種設定の確認・変更も可能です。サポートセンターに電話して確認することもできますが、My SoftBankを使う方が早いでしょう。

料金未払いが続くとどうなる?

何らかの理由でSoftBank Airの支払いを忘れたり、引き落としが遅れたりすると未払い(未納)と見なされます。未払いが確認された時点で、自宅にコンビニ振込票が送られてきます。月額料金を支払わないままでいると、早くて1ヵ月、遅くとも2ヵ月で利用停止にされ、ネットに接続できなくなります。また、3ヵ月以上未払いを放置すると強制解約となってしまいます。
強制解約されると債権会社から料金支払いの請求が来ます。未払い料金だけでなく、解約金など多額の支払い義務が生じます。ブラックリスト入りして他社のネット回線の契約ができなくなる可能性も大きいため、未払いに気付いたらすぐに支払いを済ませましょう。コンビニかソフトバンクショップでの支払い後、2~5営業日程でネットの利用が再開されます。

支払い方法を途中で変更するには

クレジットカード支払いに変更する方法

クレジットカード支払いへの変更は、スマホやパソコン上で行うことができます。SoftBank Air利用開始時にハガキで支払い方法を登録した人は、My SoftBankにログインしましょう。支払い方法はクレジットカードを選択し、カード情報を入力します。同様に、既に登録しているクレジットカードから、別のクレジットカードへの変更も行えます。以前Yahoo!ウォレットで支払い方法を登録している人は、Yahoo!ウォレットで変更手続きをしましょう。ログインをしたら、「お支払い方法管理」という項目からクレジットカード情報を登録します。

口座振替に変更する方法

口座振替への変更は、「利用料金支払申込書」という書類の提出が必要です。口座情報の記載や、印鑑の捺印をして申請しましょう。書類はWEBか電話で取り寄せることができます。

まとめ

SoftBank Airの支払い方法はクレジットカードと口座振替の2種類ありました。契約時にあらかじめ支払い方法を登録しておくと割引を受けることができるため、手続きを忘れないようにしましょう。途中から支払い方法を変更することもできます。利用状況の確認も簡単なため、SoftBank Airは安心して利用できるネット接続サービスといえます。