ソフトバンク光の10ギガプラン!料金や注意点、契約手順を徹底解説!

10Gbpsの高速通信をイメージする画像

様々な光回線サービスが提供されていて、独自のサービス内容を強みとして展開しています。ソフトバンクユーザーを中心に人気のソフトバンク光ではIPv6の高速通信やセット割などが有名でしょう。しかしソフトバンク光では「10ギガプラン」も提供しているのをご存知でしょうか。

より高速通信が期待できるソフトバンク光の10ギガプランについて知りたいという方に向けて、10ギガプランの内容や料金、エリア等を中心にサービスの解説を行っていきます。

ソフトバンク光で10ギガプラン登場

2020年4月1日、ソフトバンク光において新たなプランとして「SoftBank光 ファミリー・10ギガ」プランの提供を開始しました。これまでの1ギガよりもさらに高速通信を楽しめるプランとして一部エリアの戸建て住居で利用可能となったサービスです。

これまでの通信速度に不安がある方や戸建て住居にお住まいの方、ソフトバンクユーザーではないものの10ギガプランを使ってみたいという方は是非チェックしておきたいプランでしょう。

10ギガプランの特徴

10ギガプランの特徴について以下の特徴をご紹介していきます。

高速通信が可能に!

10ギガプランは、これまでの1ギガプランの10倍ということになりますので、ダウンロードもアップロードも快適になるでしょう。

大容量コンテンツとして動画視聴やオンラインゲームにもストレスなく集中して楽しむことができるようになります。新型コロナウィルスの影響で在宅することが増えているなか、ご自宅で動画配信サービスやオンラインゲームを活用している方も多くいらっしゃるでしょう。

テレワークを行う方も重要なオンライン会議にスムーズに参加することが期待できます。これまでのインターネット回線で速度に不満があるといった場合には大きなメリットになるでしょう。

同時接続にも強い

本プランでは、無線LAN規格「Wi-Fi6」に対応しらホームゲートウェイを使用します。そのため、ご家族で複数台のデバイスを繋げて同時に利用しても、安定した通信を楽しむことができるでしょう。

料金がお得に使える

10ギガプランでは現在キャンペーンの適用により24ヶ月間、毎月5,200円で利用可能となっています。これは一般的な戸建てタイプの1ギガの料金と同等であるため、非常にお得と言えるでしょう。

10ギガプランの料金

10ギガプランの料金について以下で細かく分類して解説していきます。

月額基本料金

毎月必ずかかる料金としては6,300円として設定しています。しかし現在はスタートキャンペーンとして月1,100円もの割引が24ヶ月間適用されることになっています。このキャンペーンを適用させることで毎月の基本料金は5200円ということになりますね。

また、利用期間の定めのないプランでは通常基本料金が7400円/月で設定されています。スタート割を利用する場合、24ヶ月間は6300円、25か月目以降を7400円としています。

10ギガ必須ホームゲートウェイ

10ギガプランを契約する際に必須となるのが、専用のホームゲートウェイです。こちらは通常月額500円の有料レンタルサービスとしていますが、上記でご紹介したスタートキャンペーン期間中に申込みを行い、指定期間までに課金されることで24ヶ月間無料で利用できるようになります。

月額費用の合計は?

月額基本料金とホームゲートウェイの利用で、月額合計6,800円が通常料金としています。スタート割を適用することで5,200円で24ヶ月間ものあいだお使いいただけるので、一般的な1ギガタイプ(戸建て)と同程度の料金と言えるでしょう。

工事費用

10ギガプランの工事費用は24,000円として設定されていて、分割払いや一括払いを選択できるようにもなっています。ご自宅の状況によって工事金額が異なり、立会い工事が不要の場合は2,000円で済む場合もあるため、費用が不安な場合は確認してみましょう。
※土日祝日等で割増料金として3,000円の追加費用が発生します

契約事務手数料

契約事務手数料は3,000円がかかります。この費用は基本的にどのサービスでも乗り換え時で新たに契約するサービス側で発生するものです。

10ギガプランのエリア展開

10ギガプランは現在のところ、限定的なサービス展開となっています。

利用可能なエリア

東京都では世田谷区/杉並区/大田区/練馬区/江戸川区/葛飾区/足立区/橋区のなかの一部エリアが対象。また大阪府大阪市、愛知県名古屋市も対象となっています。
これ以外のエリアは順次拡大していく予定であるため、気になる方は公式情報やエリア確認で確認してみましょう。

戸建てタイプのみ提供されている

この新しい10ギガプランは「戸建て住居」のみを対象としたプランとなっています。そのためマンションやアパートなどの集合住宅の場合はご利用いただけません。
また、全てのエリアの戸建て住居が対象というわけではなく、対象エリアの戸建てが利用できるプランとなっています。現時点では限定的なサービスとなってはいますが、今後順次エリア拡大をしていく予定なので未対応エリアの場合でも是非今後のエリア拡大を期待しましょう。

ソフトバンク光ギガプランの注意点

ソフトバンク光の注意点として抑えておきたい点を以下でご紹介していきます。

新規のみの取り扱い

10ギガプランの申込み方法は「新規」契約のみを対象としています。これまでソフトバンクの1ギガプランをご利用していた場合、サービス変更等で切り替えることはできません。一度解約をしてから新規契約を行う必要があるためご注意ください。

セット割の適用条件

10ギガプランでもソフトバンク携帯とのセット割対象になりますが、適用条件が異なります。通常プランでは固定電話について「ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン」のなかから選択可能。しかし10ギガプランでは「ホワイト光電話」で固定されています。この場合、電話の加入権を持っていないと電話番号が引き継げないことになるため注意が必要です。
》「ホワイト光電話」と「光電話(N)」と「BBフォン」の違いを徹底比較!

10ギガプランへの契約方法

10ギガプランを契約する場合は、新規での申込みのみとなります。そのため今契約しているサービスを解約してこちらのプランを契約するというイメージとして認識しましょう。

しかし手順としてはソフトバンク光の申込みを先に行い、工事日等を決定したうえで現在利用しているサービスの解約日を決めましょう。先にサービスを解約することでインターネットを使えない期間が出てしまうためです。

あらかじめ10ギガプランの工事日を設定した状態で、その工事日以降に現在契約しているサービスを解約することで、インターネットを途切れなく使用することができるでしょう。

まとめ

今回はソフトバンクで2020年4月1日より提供開始となった「10ギガプラン」の解説を行いました。特に注意すべきは「新規」での契約のみを対象としている点です。転用や事業者変更では取り扱っていませんので、現在契約中のサービスを解約する手続きが必要となります。

また、新しいサービスとして対応エリアがまだ限定的という部分にも注意が必要です。現状では東京都の一部、大阪市、名古屋市のみでの展開となっていますので、それ以外の地域の方は今後も拡大を期待しましょう。

しかし、スタートキャンペーンの実施により、一般的な光回線サービス(戸建て)の料金と同程度で使えるため、より快適なインターネットを試してみたいという場合には是非チェックしてみてください。

※対象地域でも一部未対応の場合があります