ソフトバンク光の料金は高い?費用を抑える方法を解説!

料金を抑える方法を教えてくれる女性

Softbank光を検討しているけど、実際にはどんな料金がかかるのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回はソフトバンク光の料金に焦点をあててご紹介していきます。
ソフトバンク光を利用するために発生する料金をご紹介していきます。

ソフトバンク光の料金

Softbank光の料金は、契約するサービス種類によって毎月の料金が異なります。また、利用する際に発生する工事費や付加サービスによるオプション料金も確認しておくべき項目でしょう。

しかし実際のユーザーのなかにはソフトバンク光の料金が高いと感じる方もいらっしゃるでしょう。まずはソフトバンク光を高いと感じる理由について以下で確認していきます。

ソフトバンク光の料金は高い?

ソフトバンク光の料金は「高い」と言われる場合があります。その理由についてまずは以下で確認してみましょう。

工事費が料金に上乗せ

ソフトバンクの開通工事費用最大24,000円が毎月の料金に上乗せされている場合があります。これは、工事費用負担などのキャンペーンを利用せずに契約した場合、工事費の分割回数に応じた金額が上乗せされることになります。そのため、たとえば24回払いであれば毎月1,000円が上乗せされるため、一般的な月額料金よりも高くなります。

フレッツ光の工事費残債が残っている

フレッツ光から転用した場合、フレッツ光の工事費用残債が継続されて上乗せされる場合があります。これはフレッツからの契約変更で新たな工事費は不要であるものの、元々の工事費が残っているため継続して支払う必要があるのです。

オプション料金

ソフトバンク光ではセット割適用のために、オプションパックへの加入が必要になります。このオプションは月額500円なので、ソフトバンク光の単体料金に上乗せされます。これを高いと感じる場合もありますが、セット割として割引される条件として必須であることを理解しましょう。

またホームゲートウェイや機器レンタルをしている場合、ご自身で所有しているものを利用することができる場合は検討してみましょう。

契約プランによっては高いものも

ソフトバンク光では一部プランで高いと感じる場合のものもあるでしょう。10ギガプランや自動更新なしのプランなどは一般的な光回線サービスの相場よりも高いと感じるかもしれません。

しかしこういったプランはメリットも大きいため、通常よりも高い設定になっています。料金とサービスの特徴を踏まえて検討してみてください。

次に、こうしたソフトバンク光の料金を少しでも抑える方法を早速ご紹介していきます!

ソフトバンク光の料金を抑える方法とは?

ソフトバンク光の料金を抑える方法として効果的なものを以下でご紹介していきます。

工事費無料キャンペーン

ソフトバンク光ではタイミングによって工事費を実質無料にするキャンペーンを行っている場合があります。このキャンペーンを利用することで、最大24,000円もする工事費を抑えることができるためお得に利用できるでしょう。

セット割を適用させる

ソフトバンク光では携帯電話とのセット割を提供しています。ソフトバンク携帯もしくはワイモバイルの携帯で条件を満たしていれば毎月割引が適用され、通信費の節約につながるでしょう。

乗り換え費用の負担

他社回線からソフトバンク光に変更する際に、乗り換え費用の負担を行ってくれるキャンペーンを開催している場合があります。ソフトバンク光の直接的な費用を抑えることはできませんが、乗り換え時の費用負担を減らせるため、通信費の節約になるでしょう。

代理店のキャンペーン

特に注目したいのが、代理店で行うキャンペーンです。これは公式キャンペーンとは別で展開しているため、大きな差が出やすいものです。代理店によっては現金キャッシュバックを行ってくれる場合もあるため、ぜひお得な内容を展開している代理店の窓口を探すようにしましょう。

》当サイト限定のキャンペーン情報はこちら!

 

ソフトバンク光における戸建てタイプの月額料金

戸建て住宅の場合の料金についてご紹介していきます。戸建て対タイプでは、速度によって料金が異なります。速度によって5つのプランが存在しますが、一般的な1ギガタイプと10ギガタイプについてチェックしていきましょう。

1ギガプランの場合

1ギガプランが現在スタンダードなプランとして提供されています。全国でのエリアカバーも大きく、多くの地域が使用することができるようになっています。

一般的な2年自動更新プランは月額5,200円、5年自動更新プランは4,700円、自動更新プランは6300円で提供されています。
※5年自動更新プランはテレビ契約が必要です
》5年自動更新プランで必要なソフトバンク光テレビを解説!ひかりTVとの違いも解説

10ギガプランの場合

10ギガプランは圧倒的な速度が魅力のプランとして、一部エリアの戸建て住宅向けに提供されているプランです。月額料金は2年自動更新のもので6,800円です。5年自動更新6,300円、自動更新なしの場合は7,900円(※)で提供されています。

しかし契約できるエリアが限定的で、2020年7月時点えは東京都、大阪市、名古屋市の一部地域としています。
※ホームゲートウェイレンタル料金含

》Softbank光の10ギガプランとは?料金や特徴を徹底チェック

ソフトバンク光におけるマンションタイプの場合

マンションタイプの場合も速度によって異なるプランが以下のように提供されています。

  • マンション:最大100Mbps
  • マンション・ハイスピード:下り最大200Mbps・上り100Mbps(西日本の場合は上りも最大200Mbps)
  • マンション・ギガスピード最大:1Gbps

料金は一律です。2年自動更新の場合3,800円、自動更新なしの場合は4,900円で提供されています。

Softbank光の工事費

Softbank光でかかる料金としてわすれてはならないのが、工事費を始めとした初期費用。この初期費用出かかる料金を以下でご紹介していきます。

契約事務手数料

契約する際にかかる費用として契約事務手数料がありますがこちらは3,000円です。これはソフトバンク光以外でもどんなサービスでも基本的に発生するので、差があまり出ないでしょう。

工事費

注目したいのが工事費用です。ソフトバンク光では最大24,000円の工事費用が発生します。住居タイプや、すでに光回線が導入されているのかなどの状況によっても大きく異なります。

派遣工事なし(無派遣工事)の場合は2,000円、室内工事のみで9,600円、派遣工事あり24,000円で設定されています。また、「フレッツ光ネクスト」や「光コラボレーション」を利用中の場合は工事費不要となります。

工事負担のキャンペーン

工事費が高くて、契約を迷っているという方も多くいらっしゃるでしょう。しかしソフトバンク光では時期によって、工事費用実質無料キャンペーンなどを展開していることがあります。こういったキャンペーンを利用して申し込みすれば、工事費を負担することなく利用することができるようになります。

2020年12月時点では「SoftBank 光 はじめよう!工事費サポートキャンペーン」を展開中であるため、心配な工事費用が実質かからずに契約することが可能です。
ぜひこういったキャンペーンが行われている際に契約することをおすすめします!
》Softbank光の工事を解説!費用や工事種別に注目

ソフトバンクのオプション料金

ソフトバンク光では便利な機能が追加できるオプションサービスも提供しています。このオプションサービスは
携帯電話とのセット割条件にもなっているため、契約する方が多いものもあるでしょう。
代表的なオプションについて解説していきます。

セット割に必要なオプションサービス

特にソフトバンク光で申込みが多いのが、セット割に必要とされているオプションサービスです。セット割を適用するための条件として必須となっているため、適用する場合はかならず必要になるのです。

セット割に必要とされるのは「オプションパック」です。光BBユニットレンタル(467円)、Wi-Fiマルチパック(990円)、電話サービス(BBフォン・ホワイト光電話・光電話のいずれかひとつ(※))がセットになっていて月額500円で利用することができます。
※10ギガの場合は、ホワイト光でんわ加入が条件/Wi-Fiマルチパックの提供は現時点でなし

ホームゲートウェイ・無線LAN

ソフトバンク光で光電話や無線LANを利用する場合に必要となる機器で、料金は月額100~500円です。
10ギガプランの場合は、電話等の有無に関わらず10ギガ専用のホームゲートウェイ(月額500円)が必要となります。
※料金の際にご紹介した

ソフトバンク光の解約費用について

ソフトバンク光を解約する際には、解約に伴う費用が発生する可能性があります。この費用も抑えておきましょう。

契約解除料

自動更新プランの場合は9,500円の解除料、5年自動更新プランの場合は15,000円の解除料(※)が発生します。しかし、ソフトバンク光では解約に伴う費用(オプション解除料やサービス契約解除料)が10,000円を超える場合はその上限を合計10,000円としているため、基本的には最大10,000円の解除料のみの発生として捉えておきましょう。ただし、5年自動更新プランの契約解除料15,000円はこの上限の対象外としているためご注意ください。

工事費残債

ソフトバンク光を始める際に、工事が行われます。この工事は最大24,000円としています。この工事費を分割もしくは一括で支払うことになっています。分割払いにしている場合、解約の際に分割回数分の支払いが終了していない場合は、残りの回数分の支払いを一括で支払う必要があるため注意しておきましょう。

キャンペーンなどで工事費を払っていない場合でも、解約時にそのキャンペーンも解除されることになり、残りの回数分は自己負担になります。
ご自身の分割払いが何回で、残債がどれくらいあるのかという点も把握するようにしましょう。
》Softbank光の解約方法!解約金と注意点は?

解約金を負担してくれるキャンペーンも

Softbankを解約して他社に乗り換えたいと考える際にネックになるのが、解約費用でしょう。契約解除料だけでなく工事費残債も発生する場合、大きな金額になってしまいます。そこで注目したいのが、乗り換え先で「乗り換え費用」の負担を行ってくれるかどうかという点。

サービスやタイミングによっては、乗り換えに伴う費用を全額負担してくれるキャンペーンを展開しているものもあるため、事前にチェックしておきましょう。

契約時には費用の計算をしよう

ソフトバンク光に乗り換えしたいと考える場合、料金面に不安がある場合も多いでしょう。事前に月額料金と工事費用、解約金について把握しておくことがおすすめです。

どの場合にどれくらいの費用がかかるのかという想定をしておくことが大切です。費用が気になる場合には、各窓口を比較して、キャンペーンを豊富に行っていたり独自のキャッシュバック等を展開しているような代理店窓口をチェックしみてましょう。
》ソフトバンク光のキャンペーン最新情報と代理店窓口3社をご紹介

まとめ

今回はソフトバンク光の料金に注目してご紹介しました。ソフトバンク光を検討している場合は、サービス種別毎の料金をチェックしてご自身のタイプがどれに当たるのかをまずは確認しましょう。

また、付加サービスや工事費用なども直接的えはないにしても料金を考えるうえで重要な項目となります。
総合的にソフトバンク光の契約でいくらかかるのか、安いのか高いのかをまずはチェックしてみると良いでしょう。
》ソフトバンク光でしらなきゃ損するメリットとは?