【ソフトバンク光の評判】悪い評判・良い評判それぞれ紹介!

ネットの評判をイメージする画像

固定回線として、ソフトバンクユーザーを中心に人気を集めるソフトバンク光。ソフトバンクユーザー以外にもipv6対応の回線として、注目されています。

引越しや在宅ワーク切り替えをきっかけに、自宅の固定回線を見直す方や、5Gスマホ切り替えでソフトバンクへ乗り換えた方など、様々な理由がきっかけでソフトバンク光を知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ソフトバンク光の契約を検討している方向けに、ソフトバンク光に関する評判や口コミをご紹介していきます。

ソフトバンク光の評判はどこでチェックする?

ソフトバンク光に関する評判を知りたいというときに、役立つのが口コミサイトやSNSサービスです。良い口コミも悪い口コミも掲載されています。

サービスの評判を知りたいという場合には、良い内容も悪い内容も含めてチェックすると全体像が見えてくるはずです。今回はTwitterを中心に、ソフトバンク光に関する評判をご紹介していきます。

ソフトバンク光の悪い評判・口コミ

まずはソフトバンク光の悪い評判についてご紹介していきます。サービスを検討する際に、どうしても良い点や魅力に目が行きがちです。しかし悪い点を認識しておくことも重要です。

まずはどのような点にユーザーのネガティブに感じる点があるのか、チェックしていきましょう。

速度が遅い

通信障害が起こる

ソフトバンク光のネガティブな評判として目立つのが、速度が遅いという点や通信障害が起こっているのではないかといった投稿が目立ちました。また、夜にかけて速度が重くなりやすいといった印象を受けているユーザーも多いようです。

ソフトバンク光の良い評判

次にソフトバンク光に関する良い評判をチェックしてみましょう。

ipv6が早い

大手の安心感がある

Twitter上の口コミでは、ソフトバンク光の速度や通信障害に対する不満の声が多く見受けられました。しかしソフトバンク光の「ipv6」に関しては、速度が安定したというケースや速くなったという声も多くありました。また、ソフトバンクという大手企業が提供するサービスだからこそ安心できるといった声も一部あります。

ソフトバンク光の評判を踏まえてどうすればいい?

ソフトバンク光に関する評判についてチェックしてみましたが、速度に対する不満の声が多くありました。しかし、一方で良い評判として「ipv6」での接続にすることで速度が安定したという声も目立ちます。

ソフトバンク光を契約する場合には、「ipv6」による接続方式でインターネットを利用することがおすすめと言えるでしょう。

また、速度に関してはご自宅の状況やWi-Fiの置き場所によってもそれぞれ異なります。有線接続に切り替えてみることや、Wi-Fiの置き場所を変更してみるなど工夫することで、速度の安定性にも変化があるかもしれません。

ソフトバンク光のメリットとは

ソフトバンク光のTwitter上の口コミでは「通常接続の速度が遅い」「通信障害が起こる」といったネガティブな声と「ipv6で速度が安定した」というポジティブな声が目立ちました。

ソフトバンク光を契約するうえでのサービスのメリットをこちらでご紹介していきます。

ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる

ソフトバンク光では、ソフトバンクスマホも契約していることで、セット割である「おうち割光セット」が適用されます。これにより、毎月の通信料金が割引されることになるため、ソフトバンクユーザーにとっては大きなメリットになるでしょう。

ipv6対応

ソフトバンク光では「ipv6高速ハイブリット」という接続方式に対応しています。IPv6 IPoE+IPv4の通信方式に対応しているため、状況に合わせて通信方式を切り替えて使えるため、より快適な接続を利用することができるでしょう。

こちらの接続方式利用自体には追加料金が発生しない仕組みですが、この方式を利用する際には、光BBユニットが必要になり、レンタル料金が発生します。しかし、ソフトバンクのおうち割光セットを適用する場合にもこのユニットが必要になるため、セット割適用ユーザーにとっては追加料金なしで利用できるでしょう。

ソフトバンクユーザー以外がipv6接続を利用したい場合、この光BBユニットが必要という点を認識しておきましょう。

まとめ

今回はソフトバンク光の評判や口コミを中心にご紹介しました。速度に関しては不満を抱くユーザーが多いものの、「ipv6」接続方式を利用することで、快適な接続になったというケースも多く見受けられました。

良い評判も悪い評判も踏まえたうえで、ソフトバンク光を契約した場合にどう使うか、本当にソフトバンク光が最適かどうかなども含めて参考にしてみください!