旅行・出張先などでメールやインターネットをしたい方に!SoftBank Air/SoftBank光を契約中なら、こんなオプションサービスがお得!

仕事の出張先で、あるいは趣味の旅行先でインターネットやメールが必要になることがありますよね。行先が海外だと国内にいる時のようにお手軽にWeb閲覧やメールの送受信が行えず、困ることもあるのではないでしょうか。しかしSoftbank光またはSoftBank Airを契約していれば、海外でもお手軽にインターネットが利用できるオプションサービスに加入できます! 今回はSoftbankが提供する海外ローミングサービスについてご紹介させていただくので、これから渡航を予定されている方はぜひ参考にしてください。

Softbankの海外ローミング(おでかけアクセス)とは?

海外でスマホやパソコンを使ってインターネット接続するには、大きく分けて以下の2つのパターンがあるのをご存知でしょうか。
①街中や宿泊先のWi-Fiスポットを利用する
②携帯電話会社などのサービスを利用する

海外ローミングサービスはSoftbankが提供するオプションサービスの一つなので、この場合は②に当たります。
Softbankの海外ローミングはiPass社と提携しており、約150ヶ国の100万ヶ所以上でインターネットに接続が可能です。滞在先のネットワークがiPassアクセスポイントに対応していれば、日本にいる時と変わらない感覚でインターネットが利用できますよ。
Webの閲覧やメールの送受信はもちろんのこと、ブログの更新やSNSへのアクセスも行えます。旅先で撮影した写真を、その場でお手軽にアップロードできるので嬉しいですね。

海外ローミングの利用方法は?

Softbankの海外ローミングサービスを利用する前に、まずは以下の手順を行っておきましょう。

①渡航先のiPass対応エリアを確認する
まずは以下のサイトでiPass対応エリアを確認してください。
iPass対応エリア表:
http://hotspot-finder.ipass.com/japan/sakura-shi-chiba-ken

②無料の接続専用ソフトをダウンロードする
iPass 接続ソフトには以下の3つがあります。

・iPass Open mobile(Windows版)
・iPass Smart Connect(iOS版)
・iPass Smart Connect(Android版)

Windows版はSoftbank公式サイトからダウンロード可能で、iOS版はAppStore、Android版はGoogle Playからダウンロードすることになります。MacOSの接続専用ソフトは提供されていないのでご注意ください。

またダウンロード後は、電話帳を常に最新の状態にバージョンアップするようにしてください。ソフトに接続すればバージョンアップは自動的に行われるので、難しい手順は必要ありませんよ。

海外ローミングの接続方法

Softbankの海外ローミングサービスには複数の接続方法があるので、用途に適したサービスを選びましょう。

海外ダイヤルアップローミングサービス

電話回線を利用したダイヤルアップローミングサービス。
海外の一般電話や公衆電話、携帯電話からの接続が可能ですよ。こちらのサービスは、海外でインターネット・メール送受信をしたい人にオススメです。

トールフリーダイヤルアップローミングサービス

トールフリーアクセスポイントを利用したダイヤルアップローミングサービス。
「トールフリー(TOLLFREE)」を利用すれば通話料は発生しませんが、海外ダイヤルアップローミングサービスよりも通信料が割高になるので、注意が必要です。基本的な利用方法は海外ダイヤルアップローミングサービスと変わりません。
こちらのサービスは、通話料と通信料をカード払いなどでまとめて精算したい人にオススメです。

ワイヤレスブロードバンドローミングサービス

無線LANを利用したブロードバンドローミングサービス。
ダイヤルアップ接続よりも高速なので、大容量データを送受信する時に助かりますね。またアクセスポイントまでのダイヤル通話料も無料になります。こちらのサービスはスマホやタブレット、無線LANからの接続が可能となっています。

ワイヤブロードバンドローミングサービス

有線LANを利用したブロードバンドローミングサービス。
アクセスポイントでパソコンにLANケーブルを差し込んで認証を行えば、インターネットに接続が可能ですよ。こちらもアクセスポイントまでのダイヤル通話料は無料なので助かりますね。
宿泊先のホテルや空港で、ブロードバンド接続したい人にオススメです。

気になる価格はどのくらい?

便利な海外ローミングサービスですが、価格が気がかりではないでしょうか。Softbankの海外ローミングサービスの気になる価格設定は、以下の通りとなっています。

・基本料 … 無料

・海外ダイヤルアップ接続料(ダイヤルアップ)
通話料:現地で発生するアクセスポイントまでの通話料分
通信料:20円(1分)

・トールフリー接続料(ダイヤルアップ)
通話料:無料
通信料:40円(1分)

・ワイヤレスブロードバンドローミング接続料(無線LAN)
通話料:無料
通信料:40円(1分)

・ワイヤブロードバンドローミング接続料(イーサネット)
通話料:無料
通信料:40円(1分)

この他にも料金面では以下のような注意点があるので、しっかり覚えておきましょう。

・現地で発生するアクセスポイントまでのダイヤル通話料が発生する場合もあります。
・ホテルなど宿泊先でトールフリーを利用する場合は、手数料として別途でチャージ料金が発生するケースもあるので注意してください。宿泊先でトールフリーの利用を考えているのなら、事前に確認を取っておくといいですね。
・認証が通らなかった場合には通信料は発生しませんが、アクセスポイントまでのダイヤル通話料が発生してしまうので、こちらも留意しておきましょう。
・ログアウトを忘れた場合や電波が届かなくなった場合は、最後にデータの流れた時間をログアウトした時間として計測される仕組みとなっています。ただしその場合の接続時間データは保証されないので、ログアウト処理は忘れずに行うようにしましょう。

海外ローミングが利用できるサービスは?

Softbankの海外ローミングに対応しているサービスは以下の通りです。

・Softbank光
・SoftBank Air
・ADSLバリュープラン
・光withフレッツ 光フレッツコース
・ホワイトプラン
・for Mobile
・光シティ
など

また海外ローミングを利用する際に必要な機器は以下の通りです。

・ダイヤルアップ/トールフリー海外ダイヤルアップローミングサービス
…ネット接続可能な端末/モデム/モジュラーケーブル

・ワイヤレスブロードバンド
…ネット接続可能な端末/無線LANアダプタまたは無線LANカード/iOSまたはAndroid搭載のスマホ

・ワイヤブロードバンド
…ネット接続可能な端末/LANアダプタまたはイーサネットカード/LANケーブル

なお無線LANカードとイーサネットカードは、ネット接続する端末に搭載されている場合には必要ありません。

まとめ

仕事の出張先でインターネット接続が必要になる時もあれば、旅行で撮影したばかりの写真をSNSにアップしたくなる時もありますよね。そんな時に便利なのが、今回紹介したSoftbankの海外ローミングサービスです。日本にいる時と変わらない感覚でインターネットに接続できるので、海外でも快適なネットライフが楽しめますよ。
さらにSoftbankでは、他にもネットライフを快適にする為のオプションサービスが充実しています。せっかくSoftbankでネットを契約するのなら、便利なオプションを併せて利用して、より良いインターネットライフを過ごしてくださいね。