自宅にWi-fiを入れてインターネットをしたい! 初心者にも分かりやすく手順を解説します!【戸建て編】

現代社会では、インターネットが生活の一部としてすっかり定着しています。これまではインターネットとは縁遠かったけれど、新たに始めたいと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし今から始めるにしても、どれを選んだらいいのか分からない人も多いかと思います。そこで今回は、手軽に導入できるWi-Fiについてご紹介します。初心者の方でも分かりやすく、一戸建てのお宅にWi-Fiを導入する手順について解説しますので、初めてのインターネット契約でお悩みの人は、ぜひ参考にしてください!

今さら聞けない! Wi-Fiとは?

Wi-Fi(無線LAN)とはWireless Fidelityの略称で、スマホ・パソコン・タブレット・ゲーム機・プリンターなどを、無線で接続する技術のことを指します。さまざまな機器をインターネットに接続でき、家族全員での同時接続も可能です。電波が届く範囲であれば、家中どこでもインターネットができるようになります。
Wi-Fiに繋いだ機器同士ではデータ共有も可能なので、たとえば家族のパソコンに保存した動画や音楽を別のパソコンで視聴したり、スマホに保存した画像をプリンターで印刷したりすることも可能です。
Wi-Fiは無線LANなので接続の為にケーブルが必要なく、邪魔なケーブルを減らして部屋の中をスッキリさせられますね。

自宅でWi-Fiを使うにはどうすれば良い?

自宅でWi-Fiを利用するには、主に以下の2パターンが挙げられます。

<インターネット固定回線を利用する>
インターネット回線を利用してWi-Fiを使う場合は、固定回線の開通工事とWi-Fiルーターが必要です。まず自宅にインターネット回線を引き、Wi-Fiルーターを繋いで家中に電波を飛ばせるようになるので、スマホやパソコン、ゲーム機などが電波を拾い、インターネットに接続できるようになりますよ。

<Wi-Fiサービスを利用する>
ポケットWi-FiやSoftbank AirなどのWi-Fiサービスは、基地局から届けられる電波を受信してサービスを利用するものです。基地局とはWi-Fiサービスに限定されるものではなく、ケータイやスマートフォンにも利用されており、一般的にはビルの上や地下鉄のホームの上など、街のいたるところに設置されています。

自宅で心ゆくまでインターネットを楽しみたい場合は、固定のインターネット回線、どこでも簡単にインターネット接続を行いたい場合には、Wi-Fiサービスを選ぶと良いでしょう。一人暮らしの方や、これから初めてインターネット契約を行う初心者の方なら、お手軽に接続が行えるW-Fiサービスがオススメです。

光回線・Wi-Fiサービスのメリット・デメリット

光回線

<メリット>
・通信速度が速く、安定している。
・通信制限がないので容量を気にせず使用できる。

<デメリット>
・導入時には開通工事が必要。
・Wi-Fiルーターも光回線とは別途で用意しなければならない。
・引っ越しの際には手続きが必要となる。

Wi-Fiサービス

<メリット>
・ネット回線の開通工事や、Wi-Fiルーター購入の必要がない。
・光回線より求めやすい価格が設定されている。
・引っ越しの際にも手続き不要。

<デメリット>
・光回線に比べると通信が遅く、不安定になりやすい。
・速度制限が設けられていることもある。
・大人数での同時使用にはやや不向きな面もある。

以上のメリットとデメリットを踏まえた上で、自宅に合ったWi-Fiをお選びください。

【本格ネット派】光回線を使うには何からすれば良い?

今回は一戸建て住宅でWi-Fi回線(光回線)を通す方法についてご紹介します。

(1)使いたい業者の提供エリアの確認をする
まず使いたい業者を選び、提供エリアを確認してください。たとえばフレッツ光を使いたい場合、NTT東日本と西日本では提供エリアが異なるので、自分の地域がどちらに属するのか事前に確認しておくといいですね。

(2)申し込みをする
使いたい業者が決まったのなら、次は光回線の申し込み手続きを行います。申し込みは家電量販店やショップ、インターネットから行えます。最近ではお得なキャンペーンを行っている代理店も増えており、Webからの申し込みで手軽に参加できるようになっています。料金面での負担を軽くしたいのなら、このようにWeb経由でキャンペーンを行っている代理店から申し込むといいですね。

(3)光回線の開通工事を行う
申し込みが終わったら、光回線を開通するために業者が工事を行います。開通工事といってもそれほど大変なものではなく、かかる時間も1時間ほど。キャンペーンによっては工事費用が実質無料になる場合もあるので、プロバイダを選ぶ際のポイントにするといいですね。

(4)Wi-Fiルーターを購入する
インターネットが開通したら、Wi-Fiを利用する為にWi-Fiルーターを準備する必要があります。プロバイダによってはオプションで機器をレンタルすることができますが、それ以外は基本的にWi-Fiルーターを購入しなくてはいけません。

(5)Wi-Fiルーターをモデムと繋いで設定する
最後に回線をモデム(通信の信号を変換してくれる機器)に繋ぎ、モデムをLANケーブルでWi-Fiルーターと接続します。モデムはインターネット会社が用意してくれるので安心です。

【簡単ネット派】Wi-Fiサービスを契約するには何からすれば良い?

次にWi-Fiサービスを設置する方法についてご紹介します。

(1)使えるエリアを確認する
Wi-Fiサービスを導入する際も、まずは自宅のある地域が利用したいサービスの提供エリアかどうかを確認する必要があります。サービスによっては、エリア圏外の地域もあります。今後エリアを拡大していく予定もあるようですが、必ず事前に確認しておくといいですね。

(2)申し込みをする
自宅がサービスエリア圏内であることを確認したら、商品を購入して申し込み手続きに入ります。申し込みはインターネットもしくは店舗で行う事ができます。こちらもインターネットからの申し込む方が、簡単に手続きが終わる上にお得なキャンペーンに参加できるのでオススメですよ。

(3)機器が届いたら設置して使用開始する
申し込みが終わり、提供元の審査に通れば、Wi-Fi機器が自宅に届けられます。機器が届いたら早めに接続・設定を行いましょう。万が一接続出来なかった場合、早めに対処すれば違約金がかからずにキャンセルが可能です。

まとめ

今回は、戸建てにお住まいの方が、Wi-Fiを利用してインターネットに接続する方法を解説しました。光回線とWi-Fiサービスには、それぞれメリットとデメリットがあるので、用途や環境、使用人数を踏まえた上で自宅に合ったものをお選びください。
公式サイト以外にも、高額キャッシュバックキャンペーンを行っている代理店が存在するので、お申し込みの際にはそちらを利用するのもオススメです。当サイトにお問い合わせくださればオススメの代理店を紹介させていただきますので、キャッシュバックに興味のある方はどうぞお気軽にご相談くださいね。