アパートやマンションで、部屋にWi-fiを入れてインターネットをしたい。手順をわかりやすく解説します。【集合住宅編】

アパートやマンションにWi-Fiを入れて、インターネットをしたいと考える人も多いでしょう。しかし集合住宅の場合、戸建て住宅とは異なる手順が必要です。初めて集合住宅でWi-Fiを利用する方などは、何からすればいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
今回はアパート・マンションに、Wi-Fiを導入する手順を初心者にも分かりやすく解説していきます。集合住宅でのWi-Fi環境にお悩みの人は、ぜひ目を通してみてくださいね。

自宅にWi-Fiを入れると、こんなに便利!

Wireless Fidelityの略称であるWi-Fi。有線ではなく無線で通信を行うので、同時に複数の機器をインターネットに接続することが可能です。無線LANなのでケーブルが必要なく、部屋の中をスッキリさせられるというメリットもありますね。電波が届く範囲であれば家中どこにいてもインターネットが楽しめます。
スマホの契約プランでは、月々の通信量が「〇GBまで」と定められているケースが多く、通信量を超えると高速のモバイル通信が行えなくなってしまいます。その点、Wi-Fiでの通信はモバイルデータ通信の利用と見なされないので、通信量を抑えてスマホ代が節約できます。月々の通信量や費用を気にせず快適にネットを楽しむことができます。

また最近では、電化製品にWi-Fiが搭載されていることも多くなっており、家の外から家電製品を遠隔操作することも可能となります。Wi-Fiはあらゆる面で活用でき、生活に必要な通信手段となったので、今のうちにぜひ導入したいですね。

集合住宅でWi-Fiを入れるには何からする?

自宅でWi-Fiを利用する方法として、以下の2パターンがあります。

<インターネット固定回線>
インターネット回線には光回線、ADSL、ケーブルテレビの回線などがあります。国内ほどんどの固定回線が、光回線を使っており、速度も速くて価格もお手頃になっています。光回線サービスの中には、おトクなキャンペーンを行っている代理店が多く存在するので、一緒に利用することで、導入費用の節約に繋がります。
ただし快適な通信速度で安定している反面、導入には開通工事が必要となっており、Wi-Fiを使う際にはオプションへの加入か、Wi-Fiルーターを別途購入する必要があります。

<Wi-Fi>
開通工事を行わなくても、インターネットに簡単に接続できるWi-Fiサービスが増えてきています。有線の固定回線ではなく、街中に設置された基地局から発信された電波を受信してサービスを利用するため、端末もコンパクトで持ち運びが出来るものもあります。中でもUQコミュニケーションズのWiMAXは、外にも持ち運べるポケットWi-Fiとして人気が高く、またソフトバンクが提供するSoftbank Airは、コンセントを差すだけで簡単に自宅でWi-Fiが利用できるので高い評価を得ています。
これらのWi-Fiサービスは、光回線より求めやすい価格が設定されていて、工事の必要がないのは嬉しい部分ですが、光回線に比べると通信が不安定になりやすく、大人数での同時使用にはやや不向きな面もあるようです。

まずはどちらの方法でWi-Fiを利用するかを、しっかり検討してから契約手続きに入りましょう。

【本格ネット派】光回線を使う方法

(1)光回線の開通工事が済んでいるかを確認し、インターネット回線の対応状況をチェックする
集合住宅では、回線の開通工事が済んでいる場合も少なくないので、光回線の対応状況をチェックしておきましょう。物件情報を見れば以下のような記述があるかと思われます。

・インターネット完備/導入済
独自の回線が引かれており、各部屋への引き込み工事も終わっている状態です。部屋まで回線が届いているので、回線&プロバイダ契約を行えばすぐに使えるようになりますよ。ただし同一回線を複数で利用することになるので、速度が遅くなってしまうこともあります。

・インターネット対応
この場合は共用スペースにネット回線が引かれていても、部屋ごとの接続には新たな開通工事が必要になるケースも少なくありません。工事にかかる時間は1~2時間程度ですが、実際に工事が行われるまでには1~2週間ほどかかることもあるので、できれば引っ越し前に確認を済ませて予約を入れておくといいですね。

(2)使いたい業者の提供エリアの確認
光回線業者によっては、自宅がサービス提供エリア外ということもありえます。使いたい業者のホームページで住所検索を行えば、提供状況を調べることができるので、事前に提供エリアを確認してから申し込みを行いましょう。

(3)申し込み
光回線業者への申し込み・契約を行います。マンション・アパートの管理会社への連絡は主に光回線の業者が行ってくれるので、自ら管理会社に連絡するケースはほとんどないかと思われます。

(4)Wi-Fiルーターを購入
光回線でWi-Fiを利用するには、別途でWi-Fiルーターを購入しなければならないこともあります。回線事業者によっては、Wi-Fiルーターがレンタル対応という場合もあるので、確認が必要ですね。

(5)Wi-Fiルーターをモデムと繋いで設定する
開通が完了したら、通信信号を変換してくれる機器である、モデムとWi-Fiルーターを繋ぎます。モデムは契約したプロバイダから届きます。開通工事の際に工事業者が設置してくれることもありますが、最終的には自身でスマホやパソコンをWi-Fiに繋ぎ、接続が完了したことを確かめましょう。

【簡単ネット派】Wi-Fiを契約する方法

(1)使いたい業者の提供エリアの確認
こちらも使いたい事業者での、サービス提供エリア確認は欠かせません。ポケットWi-FiやSohtbank Airなどは、基地局からの電波を受信して通信を行うので、電波が届かないエリアでは基本的に使用が不可能です。

(2)申し込み
サービス提供エリアであることを確認したら、次は申し込み手続きに入ります。WiMAXならUQスポット、Softbank Airならソフトバンクショップから申し込むことができます。ただし店頭よりも、WEBからの申し込みをオススメします。なぜならWEB申込みの方が、月額割引やキャッシュバックといった、Web限定のキャンペーンが開催されているので、WEB上から申し込む方が圧倒的にお得となります。
さらにWEBからの申込みであれば、いつでもオンラインで申込み手続きができるので、店頭に行く時間がない方などは、スムーズに手続きを済ませられるというメリットもあります。

(3)機器が届いたら設置して使用開始
申し込みが終わると業者が審査を行い、審査が完了すると自宅にWi-Fi機器が届けられます。Wi-Fi機器は簡単に接続が行えるので、早めに設置して電波状況の確認を行いましょう。サービス対象エリア内であっても、基地局との距離や遮蔽物の関係から、電波状況が悪くて使えなかったという事態も皆無ではありません。もし繋がらなくても、契約から8日以内であれば、違約金なしで解約できる「初期契約解除制度」が利用できます。万が一のことを考えて早めに接続確認を行い、問題なく使えることを確かめておきましょう。

まとめ

今回はアパート・マンションで自宅用Wi-Fiを入れる手順について解説しました。集合住宅の場合は、あらかじめ光回線が引かれていることが多いかと思いますが、各部屋まで届いているケースもあれば、共有スペースのみというケースもあります。まずは回線の対応状況を確認し、工事が必要な場合は早めに予約を入れましょう。
一方で、最近では工事も不要で、インターネットが簡単に使えるWi-Fiを選択する人も増えています。初期費用や回線速度、日頃のネット使用状況などから判断して、ご自身に合ったスタイルをお選びくださいね。