【WiMAXのホームルーターを解約】手順や解約金を抑える方法とは?

ホームルーターをイメージしたイラスト

据え置き型のWi-Fi回線として展開されている「ホームルーター」。WiMAXやKDDI、ソフトバンクなど人気サービスが展開しているサービスです。

しかし、インターネットを利用するうえで速度への不満や料金面で、固定回線へ乗り換えたいというケースもあるでしょう。

そこで今回はWiMAXのホームルーターの解約手順を中心にご紹介していきます。
これからホームルーターを解約して他サービスへの契約変更を考えているかたはぜひ読んでみてくださいね。

WiMAXホームルーターの解約手順

さっそく、ホームルータ―の手順をご紹介していきます。
手順としてはシンプルで簡単に行えるような内容になっていますのでご安心ください!
》ソフトバンクのホームルーターのクーリングオフとは?注意点も解説

WiMAXに解約を申し出る

解約窓口としては、店舗もしくはプロバイダの2種類があります。プロバイダに解約を申し出る場合は、電話もしくはインターネット上のマイページで申請手続きが行えるようになっています。ご自身が契約しているホームルーターのプロバイダを確認したうえで解約手続きを行ってください。

店舗で解約する場合はそれぞれの店頭もしくは電話、書類での申請が一般的です。オンライン上で受付してくれる家電量販店も一部あるようなので確認してみてください。

レンタルしている端末を返却する

端末をレンタルとして契約している場合は、使用していた端末を返却しなくてはなりません。プロバイダや店舗で指定された方法に従って返却するようにしましょう。

また基本的にはプロバイダでの契約の場合、端末購入が一般的なのでこの場合は返却不要ですが、JPWiMAXの場合は指定期間以内(24ヶ月以内)の解約の場合は返却が必要になるためご注意ください。

WiMAXホームルーターの解約費用

解約を検討するうえで心配なのが、解約金です。解約に伴う費用がどれくらいかかるのかを以下でご紹介していきます。

解約金

それぞれのプロバイダによって、契約期間があらかじめ設定されていて、契約更新月以外に解約をすることで解約金が発生します。

基本的に2年更新として2年以上使用した場合、契約更新月以外の解約の場合は10,450円(税込)が一般的です。しかし2年未満で解約する場合には15400円(税込)もしくは20900円(税込)の解約金がかかります。

またJP WiMAXに関しては27,500円(税込)もしくは33,000円(税込)の解約金が発生してしまうため、契約更新月を確認したうえで解約のタイミングをよく考えるようにしましょう。

WiMAXのホームルータの解約金を抑える方法とは?

上記でご紹介した解約金ですが、サービスを利用しはじめて間もなくすぐに解約を行いたいというケースもあるでしょう。しかしその場合には莫大な解約金が発生してしまうことになります。どうしたら費用を抑えられるのか以下でチェックしていきましょう。

乗り換えサービスを利用する

新たなサービスを契約したいと考える場合は乗り換え負担を行っているサービスを活用するのがおすすめです!タイミングや季節によって、行っていない場合もあるため、かならず乗り換え先として検討しているサービスの情報を確認するようにしましょう。

たとえばソフトバンクの場合、「あんしん乗り換えサポート」という公式キャンペーンを行っています。これを活用すれば、大幅な解約費用を負担してもらえることになるため、WiMAXのホームルータ―で発生する莫大な金額も抑えることができるでしょう。

しかし注意したいのが、こうした特典を利用する場合、かならず解約金がかかったことを照明する書類の提出が必要になります。WiMAX側で解約費用の金額と内容がわかるものを発行してもらえるようにしください。

また、必ず解約をするまえに乗り換え先への新規申込みを行うという点もわすれないようにしましょう。

代理店のキャンペーンを利用

乗り換えキャンペーンがされていない場合でも、代理店の独自のキャンペーンとして乗り換えキャッシュバックや現金キャッシュバックを行っている場合も多くあります。

公式の特典で乗り換え費用の負担を行っていなくても、代理店側で行っている場合があるため諦めずに探してみましょう。
》当サイトは公式乗り換え特典⁺当サイト限定の現金キャッシュバック特典を実施中!

契約更新月

解約金を発生指せない方法としては「契約更新月」に解約を行うことも有効です。それぞれのWiMAXホームルータの契約先で、契約期間ならびに契約更新期間が設定されていますので、ご確認ください。

基本的には、37もしくは38か月目を契約更新月としているケースが多いですが、カウント1ヶ月目を「契約月」としていたり「端末発送の翌月」や「利用開始日を含む月」とするかなど違いがありますので確認するようにしましょう。

契約更新月の確認方法

契約更新月がいつなのかを確認する方法としては会員ページや電話での問い合わせがおすすめです。正確に確認したうえでタイミングを把握するようにしましょう。

ホームルーターの解約に関する注意点

ホームルーターを解約する際に注意すべき点について、以下をご紹介します。

解約申請のタイミング

解約を申し出るタイミングについて、特に書面を郵送で行う場合には、到着するタイミングも踏まえて余裕を持って差し出すようにしましょう。

万が一、締め切りのタイミングギリギリに郵送した場合、到着までに時間がかかる場合があります。季節的な交通事情も含めて考えるようにしましょう。

解約月の料金

WiMAXのホームルーターは基本的に解約月はその月の最終日まで利用可能です。したがって、月額料金も日割り計算はされず通常の料金がかかるということです。仮に月初で解約申請を行っても、実際に解約となるのはその月末です。

乗り換え先の利用開始のタイミングを調整すると2重の料金が発生することを防げるので注意して見てください。
※契約プロバイダーによって、最終月の料金扱いが異なりますので必ず確認するようにしましょう。

まとめ

今回はホームルーターとして人気の「WiMAXホームルーター」の解約を解説しました。
解約手続き自体は簡単ではあるものの、プロバイダ・店舗によって窓口や申請方法が異なります。

今回ご紹介した手順や注意点を踏まえて、スムーズで無駄な費用を発生指せないような解約・乗り換え手続きを行ってくださいね!
》【公式特典併用OK】今なら解約金負担してくれる?そのほか当サイト限定特典もチェック!